【ACL】浦和はターンオーバーが奏功せずに2位通過。ラウンド16ではFCソウルと対戦

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年05月03日

ズラタンのPKで同点に追いつくものの…。

ズラタン(中央)のPKで引き分けに持ち込んだが、あと1点が奪えなかった。写真:徳原隆元

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は5月3日、グループステージ最終節の2試合を開催した。埼玉スタジアム2002で行なわれたグループHの浦和対浦項は、1-1で引き分けた。

【PHOTOギャラリー】 浦和 1-1 浦項 (16枚)
 
 すでにグループステージ突破を決めていたホームチームは、DFイリッチやMF高木らを先発起用。4月29日のJ1・9節の名古屋からスタメンを8人入れ替えるターンオーバーを採用した。
 
 試合は一進一退の攻防が続き、スコアレスで前半が終了。後半はペトロヴィッチ監督が57分に永田と興梠を一気に投入し、さらに58分に森脇をピッチへ送り込む。早い段階で交代枠すべてを使いきり、勝負に出た。
 
 しかし、65分に浦項のヴェセリノヴィッチに先制点を奪われてしまう。ビハインドを背負った浦和は、その後反撃を仕掛けるも、88分に相手のハンドで得たPKをズラタンが沈めて同点に追いつくのが精一杯。結局、引き分けで勝点1を分けあった。
 
 この結果、浦和のグループ2位通過が決定。グループ1位のシドニーFCが広州恒大に敗れたため、浦和は勝てば1位通過の可能性があった。それだけに、痛い引き分けと言えるだろう。

 浦和は、ラウンド16でグループF・1位のFCソウルとの対戦が決まった。初戦は5月18日に浦和のホームで、第2戦は25日にFCソウルのホームで行なわれる。
 
【関連記事】
【浦和】「不可能はないと証明してくれた」元レスター戦士の阿部勇樹が、古巣の快挙を喜ぶ
【J1採点&寸評】浦和×名古屋│李がボレー弾を叩き込み、芸術的パスを連発。両翼をこなした関根も評価。名古屋は守備が決壊――
【プレミアリーグ優勝記念アーカイブ】レスターと岡崎慎司の栄光の軌跡を試合ごとに振り返る
【「2007年」の中村憲剛】日本代表、ACL、ナビスコ杯決勝――。激動の1年が、末っ子気質の青年を大人に成長させた
【岡崎慎司|独占インタビュー】プレミア優勝決定!! レスター躍進の要因は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ