【J1】「何かを感じてもらえる試合に…」エース豊田が被災地への想いを乗せた2発。鳥栖が開幕戦以来の勝利!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年04月30日

PKと得意のヘッドで2発を叩き込む。

前半終了間際にPKでゴールを奪った豊田は、後半にも持ち前の高さを活かしたヘディングシュートを決め、勝利に大きく貢献した。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 J1リーグは4月30日、第1ステージ・9節の5試合を開催。ユアテックスタジアム仙台では、仙台対鳥栖の試合が14時にキックオフされた。

 序盤から押し込んだのはアウェーの鳥栖で、防戦を強いられた仙台がゴール前で凌ぐ展開に。ボールを支配する鳥栖に対し、仙台も時折カウンター攻撃を見せるものの、ラストパスの精度が上がらず、シュートにつながらない。

 ともに見せ場のない展開が続くなか、前半終了間際の45分に仙台はゴール前での豊田に対する石川直のチャージがファウルをとられ、PKを献上してしまう。石川直は二度目の警告で退場となった。

 PKを得た鳥栖は、キッカーの豊田が難なくゴール左に沈め、先制点を奪う。前半は鳥栖が1点をリードして折り返した。

 後半に入っても流れは大きく変わらず、鳥栖が積極的なディフェンスから主導権を握る。54分には吉田のクロスに豊田が頭で流し込み追加点を奪う。鳥栖が2-0とリードを広げる。

 エースが仕事を果たした鳥栖に対して、仙台は90分を通じシュート3本と抑え込まれ完敗。ハモン・ロペスが投入された70分過ぎに、わずかに反撃の姿勢も見せたが、ゴールの予感に乏しい内容に終始した。

 鳥栖はようやく開幕戦以来の白星を挙げた。殊勲の2ゴールを挙げた豊田は、「仙台もいいDFを揃えているが、うまく形にハマったことでゴールにもつなったと思う」と、得点を振り返っている。

 また、豊田は「熊本地震や東日本大震災で被災された方々にもなにかを感じてもらえるような試合にしなければいけない」と、九州のチームとしての使命を強く噛み締めるように語った。
【関連記事】
【川崎】宇佐美と乱闘騒ぎの大久保。「肘が当たって血が出ていた。相当、痛そうだったね」
【J1】磐田に89分の決勝弾許した鳥栖。指揮官は判定に「審判も世界基準を目指せ」と怒りぶちまける
【鳥栖】結果が出ないフィッカデンティ体制。堅守復活&鎌田の適切な活用法は見出せるのか?
ある天才少年の今――幼稚園時から名波浩にも似た才気を放ったレフティが、荒波を乗り越えて見据える場所
【レスター】勝てば優勝の36節・ユナイテッド戦を展望!鬼門のオールド・トラフォードで岡崎の起用法は――

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ