• トップ
  • ニュース一覧
  • ただただ美しいという他ない。餌をばら撒いて相手に食いつかせた鎌田大地のサッカーセンスが恐ろし過ぎる【W杯予選】

ただただ美しいという他ない。餌をばら撒いて相手に食いつかせた鎌田大地のサッカーセンスが恐ろし過ぎる【W杯予選】

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年06月12日

「えっ、そうなの?」と驚かされて

攻撃センスを見せつけた鎌田。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2024年6月11日、北中米ワールドカップ・アジア2次予選でシリアを相手に日本が前半から圧倒する。これだけ縦パスが何本もスパスパと通れば、プレーしている選手たちは楽しいだろう。実際、堂安は「やっていて楽しかったです」と証言しており、冨安や南野も3バックシステムについて「やりやすかった」とコメントしている。

 相手ゴールに矢印が向いている、効果的な縦パスが得点機に結び付きやすいかは今回のシリア戦を見れば理解できるはずだ。如何に効率よく敵の背後をとるか、その重要性を改めて痛感させられた試合でもあった。

 もっとも印象的だったパスは、71分に鎌田が相馬に出したそれ。左サイドの相馬がマーカーのアムプントゥル・ラチマン・ウエスの裏に抜け出そうとしたタイミングでエリア内に蹴り入れたパスはパーフェクトだった。
 
 餌をばら撒いて相手に食いつかせる。そんなメッセージが感じられ、事実、後手に回ったアムプントゥル・ラチマン・ウエスはPK覚悟で相馬をファウルで止めるしかない状況に陥った。そう考えると、計算し尽くされたプレーに映るが、鎌田曰くそのパスを出す直前に「相馬のことは見ていなかった」そうだ。

 試合後の囲み取材でそれを聞いた著者は「えっ、そうなの?」と素直に驚いてしまった。ノールックであそこまで高精度のパスを出せるのかと。ある意味、そのサッカーセンスは恐ろし過ぎる。

 ただただ美しいという他ない。鎌田にとっては平凡なプレーなのだろうが、見ている側からすれば芸術品。鎌田の魅力が凝縮されたプレーと言っても過言ではなかった。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【PHOTO】20年ぶり広島市で代表戦!エディオンピースウイング広島に集結した日本代表サポーター!(場外編)
【関連記事】
「北朝鮮は日本に感謝しなければ」森保ジャパンがシリア戦に大勝→北朝鮮が逆転で最終予選進出に韓国メディアが呼応!「没収試合があったのに…」【W杯予選】
アジア最終予選進出の全18か国が出揃う! 日本やイラン、韓国、カタール、豪州、サウジなど列強がずらり。組み分け抽選会は6月27日に開催【W杯予選】
「サムライはTMであるかのように勝利」日本は5-0で完勝、敵国シリアのメディアが嘆き「奇妙なことにGKが最高の選手だった」
もはや憧れ? 惨敗シリアの選手たちが日本代表戦士をまさかの“出待ち”。名門所属FWがユニホーム交換を頼んだのは?
「皆さんが持ち上げて、こき下ろすみたいになりかねない」3バックは機能したのか? 久保建英が本音「本当に強い相手とやらないと...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ