• トップ
  • ニュース一覧
  • シリア戦で違いを作り出した久保建英。“らしさ”が垣間見えた2つのプレー【日本代表/コラム】

シリア戦で違いを作り出した久保建英。“らしさ”が垣間見えた2つのプレー【日本代表/コラム】

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年06月11日

ピッチの支配者と思えるほどの輝き

シリア戦で躍動した久保。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2024年6月11日、エディオンピースウイング広島での北中米ワールドカップ・アジア2次予選の最終節、シリア代表と戦った日本代表(結果は5-0)で最も注目されたのは、コンディションが心配されながらも先発メンバーに名を連ねた久保建英だった。

 3-4-2-1システムのシャドーを任された久保は、ボールの感触を確かめるように何度かドリブルで仕掛けると、8分にゴール正面からほぼフリーでシュート。これは枠内に飛ばなかったが、アグレッシブにチャンスに絡む意識が見て取れた。

 12分にはこぼれ球に素早く反応してクリアするなど守備でも尽力。15分の何気ないプレッシングも相手からしたら面倒だったに違いない。

 19分に中村の縦パスに反応し、そこから堂安のゴールをお膳立てした久保は、その3分後に自らのシュートでオウンゴールを誘発した。いずれもドリブルのコース取りは素晴らしく、状況判断の良さを示す場面でもあった。
 
 個人的に“久保らしさ”が垣間見えたのはまず28分のプレー。右サイドから嫌らしいドリブルでジワリと相手との間合いを詰め、そこからカットインして上田にパスを出したシーンだ。得点にこそ結び付かなかったが、敵の急所をえぐる効果的なパスだった。

 もうひとつは60分のプレー。後半から4-2-3-1システムの右サイドを担った久保がこれまたサイドから巧みなドリブルを仕掛け、南野拓実にフワリとしたクロスを送ったシーンである。28分のチャンスメイクを含め“レアル・ソシエダの久保”を彷彿とさせるものだった。

 パスとドリブルを駆使してピッチの支配者と思えるほどの輝きを放った久保。前半アディショナルタイムでのパスミスなどらしくないプレーもあったとはいえ、守備面でも効果的な仕事をした彼はシリアを相手に違いを作り出したと言えた。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【PHOTO】20年ぶり広島市で代表戦!エディオンピースウイング広島に集結した日本代表サポーター!(場外編)
【関連記事】
【日本5-0シリア|採点&寸評】圧勝締めで先発全員が及第点以上! 3人が7点の高評価、MOMは鮮烈弾の堂安ではなく...
「大迫勇也が3年、柴崎岳が1年の時…」C大阪戦で2-0から追いつかれて黒田剛監督の脳裏に蘇った記憶「ハーフタイムにブチギレても流れは消せなくて」【町田】
「『だって、できなかったよね』『それじゃ出られないよね』」絶妙な言葉のチョイスで言い訳無用の舞台を整える黒田監督のマネジメント力【町田】
「もはやスポーツではない」中田英寿が“高額報酬”でのサウジ移籍に見解「カネがサッカーをダメにしている」
「生意気ですね」日本代表MF守田英正、チームバスの中で「100%横にいる」選手を明かす!「アイツ、隣に来るんですよ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ