【広島】得点ランクトップを走るP・ウタカが挑む次なるミッションは?

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年04月27日

「個の力」を活かすべく1トップで起用され、直近4試合で5得点を記録。

横浜が誇る強力CB(中澤/22番、ファビオ/5番)のマークをかい潜って2ゴール。今季の得点数を7に伸ばし、得点ランク1位に躍り出た。 写真:徳原隆元

画像を見る

 J1通算158点を誇る佐藤寿人がスタメンを外れ、エースナンバー10を背負う浅野拓磨も故障で戦線離脱――。昨季の年間優勝を牽引した得点源ふたりに代わって攻撃を牽引するのが、8節・横浜戦の2ゴールで今季の得点数を7に伸ばし、目下リーグ得点ランキングでトップを走るピーター・ウタカである。
 
 清水から期限付き移籍で加入した新助っ人は、5節の仙台戦から4試合で5得点。「量産体制」に入った要因のひとつに、1トップへの固定が挙げられるだろう。開幕直後に務めていたシャドーは、攻撃面だけでなく、守備でもCFやWBとの連係が求められる難解なポジションだ。P・ウタカの持つ「個の力」を活かす方法を模索した結果、森保監督は彼を最前線に配置する決断に至った。
 
「ウタカに攻撃と守備の両方やれと言うのはなかなか難しい。個の力を持っている選手なので、まずは彼の得点力を活かす。そのなかで、チームにどう融合させて、組織として良いエネルギーを作っていくかを意識しています」
 
 ひと言で「個の力」と言っても、昨季所属したドウグラス(現アル・アイン)のように独力でゴールを奪うタイプではない。P・ウタカは自らを「コレクティブなプレーヤー」「組織のなかで活きるタイプ」と評すように、周りの選手にパスを捌き、連動したアタックもできる。ポゼッション主体のパスサッカーをベースとする広島は、彼にうってつけの環境だ。塩谷司のロングフィードにミキッチが抜け出し、その折り返しをフィニッシュした横浜戦の2点目は、チームメイトとのイメージが合致した見事なゴールだった。
 
「シオ(塩谷)、ミカ(ミキッチ)とつないで良いボールが来たわけですが、ミカが深い位置で持った時にどこに来るかはだいたい予想している。自分は良いポジションを取ることを心掛けています。お互いがどういった動きをするか、して欲しいかは、練習から学習してイメージを共有している。あの場面を振り返ると、自分たちのチームワークが現われた典型的なゴールだったと思います」

横浜戦後、J1通算158点を誇る佐藤(右)から労われるひとコマ。今や広島の1トップ+2シャドーになくてはならない存在となった。 写真:徳原隆元

画像を見る

【関連記事】
難病を乗り越え400試合出場を達成。広島・森崎和が監督、チームメイトに絶賛されるわけ
【広島】偉大な先輩に追いつきたい――。青山の代役に抜擢された宮原の決意
【日本代表コラム】Jで最も点を取る男「大久保嘉人」は代表に必要ないのか!?
【岩本輝雄のオタクも納得!】広島のハイブリッドな「ホットライン」がステージ制覇へと導くか
ある天才少年の今――幼稚園時から名波浩にも似た才気を放ったレフティが、荒波を乗り越えて見据える場所

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ