まさに“闘う漢”。リーグ最少タイ失点で4位浮上のG大阪の裏にあるCB中谷進之介の存在感

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2024年05月20日

貴重な同点ゴールもマーク

G大阪の最終ラインを支える中谷。新加入なから欠かせない存在になっている。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1第15節]G大阪 3-1 川崎/5月19日/パナソニック スタジアム 吹田

 ポヤトス体制2年目のG大阪が波に乗って来た。

 12節のC大阪とのダービーを制してから2勝1分、しかもすべて無失点と、安定した成績を挙げてきたG大阪は、15節の川崎戦では4試合ぶりにゴールを奪われるも、3-1で逆転勝ち。さらに勢いに乗りそうな白星を手にしたのである。

 4-2-3-1のシステムを敷くなか、ゼロトップのようなポジショニングで攻撃に変化を加え、さらに川崎戦では絶品のプレースキックで2アシストした宇佐美貴史、中盤でチームをコントロールするネタ・ラヴィと鈴木徳真ら、前線で宇佐美と組む坂本一彩、両翼の山下諒也、ウェルトンら、チームを後押しするタレントは多いが、なかでも抜群の存在感を放っている男がいる。今季、名古屋から加入したCB中谷進之介だ。

 川崎戦では先制点を奪われた直後の28分には宇佐美の左からのFKに頭でわずかに合わせ同点弾をマーク。それだけでなく本職のディフェンスでも魅せた。

 小まめに最終ラインを上げ下げしながら、相手のシュートを身体を投げ出してブロック。ゴールを死守して見せれば、大きなガッツポーズを作って周囲のテンションを引き上げる。

 CBで組む福岡将太は川崎戦で勝ち越し弾となるJ1初ゴールを奪ってみせたが、彼を筆頭に、中谷の熱を身体でも心でも受けて、能力を引き出されている選手も多いに違いない。

「チームの士気を、サポーターを盛り上げていけるように」

 その行動の裏には強い想いがあり、今やG大阪の新たな活力になっていると言えるだろう。
【動画】G大阪の中谷&福岡のゴール!!
 もっとも熱いだけで終わる男でもない。

 クリアを攻撃の起点になるように、正確に味方につなごうとする意識は要所で見られ、何度も練習を積み重ねながら導き出された職人技のように、クロスを跳ね返すためのポジショニングや1対1の対応も光る。

 チームは直近4試合を3勝1分で戦い、4位に浮上。総失点「11」は町田、神戸とともにリーグ最少だ。その中心にいる中谷は、今後も欠かせない選手として、そしてスタジアムの熱を上げてくれる存在として、観る者を楽しませてくれるはずだ。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【記事】「選手はどうサボりながら勝つかを考えちゃう」内田篤人が“夏のJリーグ”について持論「正直、欧州と逆のことをやっている」

【PHOTO】ゲームを華やかに彩るJクラブ“チアリーダー”を一挙紹介!

【PHOTO】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!

 
【関連記事】
「選手はどうサボりながら勝つかを考えちゃう」内田篤人が“夏のJリーグ”について持論「正直、欧州と逆のことをやっている」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
「とても貴重な映像」引退表明のフィギュア宇野昌磨、名古屋戦でのキックインセレモニーに再脚光!
「また観たいかっていうと観たくない」小野伸二、“ファンタジスタが消えた”現代サッカーに本音。中村俊輔の「生きにくくなった」に同調
「どういう子が伸びると思いますか?」内田篤人の問いに小野伸二の答えは?「上手い子って言わなかった」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ