• トップ
  • ニュース一覧
  • 2ゴールは“完全復活”の証。湘南FWルキアンが新潟戦でチームを勝利に導く「ライバルが結果を残していたなかで...」

2ゴールは“完全復活”の証。湘南FWルキアンが新潟戦でチームを勝利に導く「ライバルが結果を残していたなかで...」

カテゴリ:Jリーグ

岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

2024年05月19日

「信じることが大事」

新潟戦で2ゴールを挙げ、チームを勝利に導いたルキアン。写真:滝川敏之

画像を見る

 5月19日、湘南ベルマーレはJ1第15節でアルビレックス新潟と対戦し、2-1で勝利した。

 この日のMOMは、FWルキアンだ。0-1で迎えた35分、GKソン・ボムグンからのロングボールに反応すると、相手のDFとGKの連係ミスを突き、無人のゴールに流し込んだ。

 さらに60分、MF平岡大陽のシュートのこぼれ球に詰め、逆転弾を奪取。自身のJ1でのキャリアハイに並ぶ今季5ゴール目が、チームを勝利に導く決勝点となった。

 試合後、ルキアンはふたつの得点について次のように語る。

「信じることが大事。1点目は、信じて追った結果、相手のミスもあり、ラッキーな形でこぼれてきました。チームとして難しい流れだったので、本当に大きなゴールでした。2点目も、大陽が打つのを予測できていましたし、こぼれ球が来ると信じていたから、良いポジショニングができた。決められて良かったです」
【動画】ルキアンのJ1自己最多に並ぶ今季5点目!
 ルキアンは、今季の開幕から10試合連続でスタメンに名を連ね、すべてのゲームでフル出場。その後、第11節の鹿島アントラーズ戦(1-3)で70分にピッチを退くと、翌節のサガン鳥栖戦(2-1)でメンバー外となり、状態が心配されていた。

 13節のFC町田ゼルビア戦(0-0)、14節の柏レイソル戦(1-2)に途中出場し、44試合ぶりに先発復帰を果たした今節、2ゴールを記録。新潟戦での自身の出来と、コンディション不良に泣いた5月の前半をルキアンはこう振り返る。

「個人的に体調の良くない時期があって、100%の力が出せないということで監督とも相談して、お休みをいただいていました。その間、(福田)翔生や阿部(浩之)らライバルが結果を残していたなかで、自分の状態が戻って、今日、また点を取れて嬉しかったです」

 次節・敵地でのジュビロ磐田戦では、今季ここまで5ゴールと好調の福田が出場停止(14節・柏戦で退場)から戻ってくる。今節に結果を残したルキアンや、阿部、鈴木章斗、石井久継、ディサロ燦シルヴァーノら、激戦区の2トップの人選は果たしてどうなるのか。山口智監督の判断に注目したい。

取材・文●岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

【記事】スロット新監督就任で遠藤航にレギュラー落ちの危機。補強1号はオランダ代表の守備的MFと現地予測「ファビーニョがいた頃の質を欠いている」
 
【関連記事】
「焦りがある」湘南FW石井久継が全体練習後に1人で自主トレ「このままだとメンバーにも入れなくなってしまう」
「どういう子が伸びると思いますか?」内田篤人の問いに小野伸二の答えは?「上手い子って言わなかった」
「あいつは凄い。化け物」内田篤人が日本代表の紅白戦で翻弄されたアタッカーを明かす!「初めて尻もちをついた」
「上回る人はいない」天才・小野伸二が“最もスゴい”と感じたファンタジスタは?
「すげぇ。ぶっちゃけ何でもできる」内田篤人が驚嘆した20歳MFは? 中村憲剛も絶賛「オフ・ザ・ボールも超一流」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ