• トップ
  • ニュース一覧
  • 「後世に語り継がれるスーパーアシスト」久保建英の超絶プレーに番記者も感嘆!「脅威になり続け、ファンは拍手で称えた」【現地発】

「後世に語り継がれるスーパーアシスト」久保建英の超絶プレーに番記者も感嘆!「脅威になり続け、ファンは拍手で称えた」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ミケル・レカルデ

2024年05月19日

「時間が止まったかのような錯覚を起こさせる完璧な放物線」

3試合ぶりの先発で躍動した久保。(C)Getty Images

画像を見る

 サッカーには後世に語り継がれる瞬間がある。それはゴールであったり、セーブであったり、プレーであったりする。

 バレンシア戦で、それをやってのけたのがタケ・クボ(久保建英)だ。レアル・ソシエダが5年連続の欧州カップ戦進出を確定させるスーパーアシストだった。

 ロマン・ヤレムチュクのシュートがオフサイドで取り消された直後の開始3分だった。アンデル・バレネチェアが左サイドからゴール前へクロスを供給すると、ファーポストに全速力で走り込んだのがタケだった。

 ボールは少し長くなり、そのままゴールラインを割るかと思われたその瞬間、滑り込みながら左足アウトサイドを使って折り返すと、相手の巨漢GK、ギオルギ・ママルダシュヴィリの上空で一瞬、時間が止まったかのような錯覚を起こさせる完璧な放物線を描いた。アンドレ・シウバは押し込むだけでよく、ソシエダが幸先よく先制。そのまま逃げ切った。
【動画】久保の超絶アシスト!スライディングしながら巧みに折り返す
 この一戦で、注目を集めたのが、タケとバレネチェアが久しぶりにスタメン揃い踏みを果たしたことだ。前日の記者会見で、タケとバレネチェアの最近のパフォーマンスの低下について聞かれたイマノル・アルグアシル監督は次のように答えている。

「今のラ・レアルには『しかし』をつけることができる選手は1人もいない。私は、1人1人がどう感じ、どう過ごしているか、そして対戦相手のプレースタイルも考慮して判断を下し、その中でタケとアンデルをスタメンから外した。2人とも準備は万端だ。これまで重要な存在としてチームを引っ張ってくれたし、シーズン終了まで同様の働きを見せてくれるのを確信している」

 前節のバルセロナ戦でも2人はスタメンを外れた。タケにとってはかつての古巣との一戦でもあったが、70分まで出番が回ってこなかった。スコアは0-1と1点ビハインド。劣勢の流れを変えることを期待されての投入だった。しかし何本かクロスを入れるも得点には繋がらず、逆にソシエダは終了間際にPKから追加点を奪われ、0-2で敗れた。
 
【関連記事】
「とんでもない物を見た」「えぐい!なんでループ出来るの?」久保建英の凄技アシストにファン驚愕!「見たことないぞ。メッシ並み」
「バルサは大きなミスを犯した」久保建英を宿敵マドリーに奪われた“失態”を元クラブ関係者が指弾「悲しい」「明らかにトップでプレーできる選手だった」
「チケット代を払う価値がある」超絶アシストの久保建英を地元メディアが絶賛!「活発で積極的、彼は消してトライをやめない」
なぜ久保建英は2戦連続でベンチスタートだったのか。ソシエダ指揮官が説明「バルサは驚いたと思う」
「マドリーでも完璧なポジションを手にする」久保建英のビッグクラブ移籍に元バルサ戦士が見解「ブラヒムやギュレルもいるが、タケも...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ