• トップ
  • ニュース一覧
  • なぜエースの古橋亨梧が優勝決定戦で先発を外されたのか。セルティック指揮官が明かす「アイダがいれば...」

なぜエースの古橋亨梧が優勝決定戦で先発を外されたのか。セルティック指揮官が明かす「アイダがいれば...」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年05月16日

前田は1得点・1アシスト

62分から途中出場した古橋。(C)Getty Images

画像を見る

 優勝に王手をかけ、タイトルを決める一戦で、ベンチスタートになったのはなぜなのか。

 セルティックは5月15日、スコティッシュ・プレミアシップ第37節で、キルマーノックに敵地で5-0と勝利した。引き分けでも王座維持が決まるなか、先発出場した前田大然の1得点・1アシストなどで4位を相手に快勝。3シーズン連続54回目の優勝を決めている。
【動画】旗手が見事なスルーパス→前田が優勝に花を添える追加点
 前田のほかに旗手怜央も先発出場したセルティックだが、スタメンリストに古橋亨梧の名前はなかった。ブレンダン・ロジャーズ監督はエースではなく、アダム・アイダを先発に起用している。古橋は4-0と大勢が決まったなか、62分の前線入れ替えで途中出場した。

 セルティック専門サイト『Celts Are Here』によると、ロジャーズ監督は試合前、前線の人選について、「ピッチがトリッキーで、特にキルマーノックのマンツーマンのプレーから、最初をかわすのが大変なときがあるので、アイダがいればそのプレッシャーをかわせる。もちろん、少しフィジカルも出せる。だから彼が入った」と説明している。
「2人の異なるタイプのストライカーがいるのは素晴らしいことだと思う。どちらも速く、かたやよりフィジカルで、もうひとりはスピードと動きがある。だからこの試合ではアイダを使えて、キョウゴは必要なら途中出場と感じた」

 結果的に、アイダが立ち上がりに先制点を奪ったことで、勢いに乗ったチームは快勝でトロフィー獲得を決めた。指揮官の選択がヒットしたかたちだ。

 アンジェ・ポステコグルー前監督が去り、ロジャーズ体制となった今季、新指揮官のスタイルで古橋が過去2シーズンよりも苦しんだのは周知のとおりだ。優勝決定戦での起用は、今後に影響あるのか。古橋とロジャーズのこれからが注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「目の前にマエダがいた。どこから来たんだ?」前田大然の猛チャージに対戦相手が驚愕!「世界最高のプレスをかける」
 
【関連記事】
「強い、強すぎる」「旗手くん、毎年優勝チームにいるやん」日本人5選手所属のセルティック、圧巻の3連覇決定にファン喝采!「前田もナイス1G1A」
「韓国人は全滅、苦い優勝だ」セルティック3連覇もコリアン3戦士の“全員除外”に母国メディア悲嘆!「日本人は主軸として大活躍」
「ナカムラのように永遠に語り継がれる」ダービーで活躍の前田大然を地元メディアが絶賛!「本物のカルトヒーロー」「欧州にこれ以上のハードワーカーはいない」
「決定力を批判する人もいるかもしれないが...」リーグ3連覇のセルティック、1G1Aの前田大然を地元メディアが称賛!「彼がいないと別のチームになる」
「エンドウは我々の6番ではない」交代後に2失点なのになぜ? 遠藤航に現地ファンからまさかの辛辣批判「10人で戦っているのと同じ」「機動力がない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ