• トップ
  • ニュース一覧
  • J初ゴール祝うはずが...パリ世代の川崎CB高井幸大は5失点大敗に沈痛「ありえないし、切り替えたい」

J初ゴール祝うはずが...パリ世代の川崎CB高井幸大は5失点大敗に沈痛「ありえないし、切り替えたい」

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2024年05月16日

幸先の良い入りを見せたが

鳥栖戦でゴールを決めた高井。しかし、試合には5失点で敗れた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1第14節]鳥栖 5-2 川崎/5月15日/駅前不動産スタジアム

 今季初のリーグ戦での連勝を狙った川崎はアウェーで鳥栖と対戦したが、2-5で完敗した。

 この試合では、先日のU23アジアカップで、パリ五輪の出場権獲得に大きく貢献したCB高井幸大が先発に復帰。

 すると192センチの19歳は、13分、瀬古樹の右からのCKにニアで頭で合わせ、強烈なゴールを決めてみせる。アカデミー出身で2022年に高校生ながらプロ契約して以降、これが嬉しいJリーグ初ゴール。チームも幸先の良いスタートを切った。

 しかし、好事魔多し。その後、警戒していたはずの鳥栖のサイドからの攻撃と、裏へのボールに高井を含めてチームとして対処しきれずに次々に被弾。チームとしても個人としてもミスも重なって2節の磐田戦(ホーム/●4-5)に続く今季最多の5失点での敗戦となった。

「成長するしかないと思います」

 試合後には沈痛な面持ちで、少ない言葉で試合を振り返る高井の姿があった。
【動画】鳥栖×川崎のハイライト
 やはりCBとしての責任感だろう。「点を取れたのは良かったですが、勝利に貢献する得点をしたいです」とも語り、「5失点はありえないし、切り替えて頑張りたいです」と前を向いた。

 もっともU23アジアカップでCBを組み、この日は対戦相手となった鳥栖の22歳DF木村誠二は「個人のプレーで言ったらあいつのほうが良かったかもしれないですし、やっぱりビルドアップが安定している。改めて良い選手だと感じました」とエールを送った。

 その言葉通り、19歳のCBとしてポテンシャルは抜群だ。磐田戦に続く鳥栖戦の悔しさも胸に、さらなる成長に期待したい。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【記事】「選手はどうサボりながら勝つかを考えちゃう」内田篤人が“夏のJリーグ”について持論「正直、欧州と逆のことをやっている」
 
【関連記事】
「選手はどうサボりながら勝つかを考えちゃう」内田篤人が“夏のJリーグ”について持論「正直、欧州と逆のことをやっている」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
「とても貴重な映像」引退表明のフィギュア宇野昌磨、名古屋戦でのキックインセレモニーに再脚光!
「また観たいかっていうと観たくない」小野伸二、“ファンタジスタが消えた”現代サッカーに本音。中村俊輔の「生きにくくなった」に同調
川崎ゴミスのJリーグ初ゴールの裏にあった感動シーン。涙は本人が否定も心を打った鬼木達監督らとの絆

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ