【ACL採点&寸評】宇佐美はPK失敗、今野は2失点に絡み…。G大阪が目指した”四冠"は早くも潰える

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年04月19日

負けが許されないホームゲームでまさかの完敗。

【警告】G大阪=今野(59分) 水原三星=イ・サンホ(84分)
【退場】なし

画像を見る

2度の決定機をモノにできなかった宇佐美。特に先制PKのチャンスを逃したのは痛恨だった。(C)Getty Images

画像を見る

4月19日/19:00/吹田S
G大阪 1-2 水原三星
前半 0-0
後半 1-2
得点者/G大阪=今野(89分) 水原三星=サントス(49・57分)

【チーム採点・寸評】
G大阪 4.5
序盤は水原三星の勢いに押されていたが、徐々に落ち着きを取り戻し、前半の残り15分程度は藤春のオーバーラップを活かして左サイドからチャンスを創出。

 しかし、後半の立ち上がりの49分に守備のギャップを突かれて失点し、その8分後にはPKで2失点目。完全に試合の主導権を握られた。

 その後、慌てて倉田やパトリックを投入するも、1点を返すのがやっとだった。この敗戦でGL突破の可能性が消滅。G大阪が目指した"四冠(ACL、J1、ナビスコカップ、天皇杯)"の夢は早くも潰えた。
 
【選手採点・寸評】
GK
1 東口順昭 6
失点はいずれもGKには厳しいもの(ひとつはPK)。ハイボールの処理やミドルシュートへの対応に問題はなく、80分には決定的なシュートを身を挺して防いだ。
 
DF
4 藤春廣輝 5
アデミウソンとの連係はいまひとつだったが、宇佐美が左MFに移った前半の残り15分程度は好プレー。しかし、後半は慎重になったのか、クロスに持ち込む回数が減った。
 
5 丹羽大輝 5.5
セットプレーの流れから、エリア内でファウルを誘ってPKを獲得(PKは宇佐美が失敗)。絶え間無いコーチングと厳しいチェックで守備を引き締めたが、1失点目のシーンは相手FWへの寄せが甘かった。また、終盤には失点に直結しそうなパスミスもあった。
 
6 金正也 5
見せ場は、20分にクォン・チャンフンのミドルをスライディングでブロックしたシーンくらい。終盤に丹羽とお見合いし、あわや失点という場面も。
 
22 オ・ジェソク 5.5(73分OUT)
序盤は対面のヨム・ギフンに押し込まれたものの、後半は果敢な攻撃参加からのクロスで2度の決定機を演出。ターゲットになる中央の選手とフィーリングが合っていただけに、交代は不可解だ。
 
MF
7 遠藤保仁 4.5
セカンドボールをまったく拾えず、相手に2次攻撃を許した。2失点後にギアを上げて攻撃参加を増やすも、時すでに遅し。
 
15 今野泰幸 4.5
マークの受け渡しが曖昧で、サントスに裏を取られて1失点。さらに、57分にハンドでPKを献上し、2失点に絡んだ。反撃の狼煙となるゴールを決めたが、マイナス要素があまりに多すぎる。
 
25 藤本淳吾 5
アデミウソンからの横パスを受けた27分の決定機は相手にブロックされ、オ・ジェソクのクロスにヘッドで合わせたシーンはGKの好セーブに遭った。いずれかのチャンスを決めていれば、流れは変わったかもしれないが……。
 
9 アデミウソン 4.5(59分OUT)
宇佐美や藤本とポジションチェンジしながら攻撃の糸口を探る。しかし、ほとんどボールを受けられず。シュートもゼロ本と完全に空回ったまま、倉田との交代でピッチを後にした。
 
39 宇佐美貴史 4
PK失敗で先制のチャンスを逃し、後半の絶好機もヘディングは枠外へ。ふたつの絶好機を外したエースは、試合後にがっくりとうなだれ、しばらく動けなかった。
 
FW
20 長沢 駿 4.5(59分OUT)
チームの攻撃が停滞していたため、ゴールのチャンスはまったくなかった。とはいえ、たまにボールを受けても安易に2列目やボランチに下げるだけで、相手に脅威を与えられなかった。

交代出場
FW
29 パトリック 5.5(59分IN)
クロスのターゲットになり、一定の存在感は示した。長沢が機能していなかっただけに、もっと早く出番が来れば……。
 
MF
11 倉田 秋 6(59分IN)
自らドリブルでボールを運び、水原三星の守備を揺さぶった。気の利いたポジション取りでサイドチェンジの起点になるなど、本来は遠藤が担当すべきプレーもこなした。
 
DF
14 米倉恒貴 5.5(73分IN)
攻撃的な仕事を期待されて右SBに入るも、出場直後のクロスは大きくファーに流れた。以降もゴールに直結する仕事はできず。
 
監督
長谷川健太 4.5
負けが許されないホームゲームで完敗。2失点後に慌ててパトリックと倉田を送り出すも、手を打つのが遅すぎた。中盤のスペースを埋めきれていないにもかかわらず、遠藤と今野のボランチ起用にこだわりすぎている印象も残った。
【関連記事】
【ACL】G大阪、スコア以上の完敗で終戦… 未勝利のままグループステージ敗退
【J1ベストイレブン|暫定版】圧巻だった中村俊輔の存在感! 首位・川崎を牽引する二枚看板はもちろん、怪我明けの森崎和幸、齋藤学も出色のプレーを披露|1stステージ・7節
【U-19日本代表】静岡キャンプメンバーに磐田の小川航基ら24名。G大阪からは最多5名を選出
【G大阪】敗戦に「金返せ!」の辛辣なヤジ。宇佐美は「勝てない辛さ、歯がゆさ、悔しさをサポーターに与えている」と陳謝
中村俊輔、本田圭佑、柴崎岳らが背負う"ナンバー10の使命"――ジーコ元日本代表監督が、中村を使い続けた理由とは

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ