• トップ
  • ニュース一覧
  • 「哀れ」「恥辱を受けた」大物参戦のサウジリーグで観衆が衝撃の“445人”! 海外指摘「タレントの流入はチケットの売れ行きを生んでいない」

「哀れ」「恥辱を受けた」大物参戦のサウジリーグで観衆が衝撃の“445人”! 海外指摘「タレントの流入はチケットの売れ行きを生んでいない」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年05月12日

9月には281人の試合も

ベンゼマ(左)やC・ロナウド(右)の参戦で活況を帯びるサウジリーグにも観客動員の問題があるようだ。(C)Getty Images

画像を見る

 クリスティアーノ・ロナウドを皮切りに、ネイマールやカリム・ベンゼマなど、ビッグネームが次々に参戦しているのがサウジアラビアリーグだ。

 莫大な資金力を武器に、各クラブが続々と有力選手を獲得し、華やかな一面を見せる一方で、問題も少なくないようだ。

 英紙『Daily Star』は5月10日、「サウジプロリーグ、ライバルチームの対決に哀れにも445人のファンしか集まらず、再び恥辱を受けた」と見出しを打った記事を掲載。次のように伝えた。

「サウジプロリーグはまたしても観客数が少なく、木曜日の夜にアル・フェイハとアル・ファテの2-2の試合を見に集まったファンは、わずか445人だった」
【画像】サウジリーグの衝撃的にガラガラのスタンド
 同紙は「タレントの流入は、多くの人が期待していたほどのチケットの売れ行きを生んでいない」と指摘。こうも綴っている。

「アル・フェイハはリーグ最少観客動員記録を保持している。(昨年)9月に遡るとアウェーのアル・リヤド戦でアル・ファイハが3-1で勝利した試合を観戦したファンはわずか281人だった」

 もちろん、観衆が入っているクラブもあるが、これは華やかなサウジサッカーの裏の一面と言えるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「エンドウは一流の役者だよ」遠藤航の活躍は驚きではない! リバプールOBの元独代表MFが賛辞「カイセドを獲得できなかったのは幸運だった」
 
【関連記事】
「もはやスポーツではない」中田英寿が“高額報酬”でのサウジ移籍に見解「カネがサッカーをダメにしている」
「ショックだ! 日本人DFに追いやられる」バイエルンの伊藤洋輝獲得→キム・ミンジェ放出の動きに韓国メディアは衝撃!「1年で放出し、イトウで埋めるのか」
「もしサウジから高額オファーが届いたら?」現役選手50人のうち興味を持ったのは…
「エンドウにとって悪いニュースだ」“上田の恩師”の新監督就任で遠藤航はレギュラー剥奪か。愛弟子のオランダ代表MF獲得の可能性を英報道「日本人はカルト的なヒーローだが...」
「パリSGでプレーするレベルにない」韓国代表イ・ガンインを仏メディアが一刀両断! 母国媒体はL・エンリケ采配にチクリ「重要な試合で無視された」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ