• トップ
  • ニュース一覧
  • 「毎試合、命がけで戦っている」公式戦4戦連発の湘南FW福田翔生が好調の要因を明かす「“気持ちの問題”って、よく言われるけど...」

「毎試合、命がけで戦っている」公式戦4戦連発の湘南FW福田翔生が好調の要因を明かす「“気持ちの問題”って、よく言われるけど...」

カテゴリ:Jリーグ

岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

2024年05月07日

「力を抜いてプレーできている」

鳥栖戦で公式戦4試合連続ゴールとなる同点弾を挙げた福田。写真:滝川敏之

画像を見る

 5月6日、湘南ベルマーレはJ1第12節でサガン鳥栖とホームで対戦し、2-1で勝利した。

 相手に先制を許し、0-1で迎えた25分、同点ゴールを挙げたのは福田翔生だ。ボックスの左角でボールを収めた阿部浩之からのクロスに、絶妙なポジショニングから頭で合わせた。

 福田は得点シーンをこう振り返る。

「身体のコンディションも上がってきて、クロスもしっかり見えていました。やっぱり阿部君はめちゃくちゃ上手いですし、彼に合わせられれば自分の武器も生きると思ってプレーした結果です。試合前から、お互いに意識し合おうという話をしていたので、形になって良かったです」
【動画】福田翔生がヘッドで同点弾!
 福田は現在、4月24日のルヴァンカップ1stラウンド2回戦のブラウブリッツ秋田戦から今節まで、公式戦4試合連続でゴール中だ。2トップの一角で輝きを増す23歳の好調の要因とは。本人はこう分析する。

「やっぱり気持ちですね。(9節の横浜F・)マリノス戦でJ1初ゴールを取れたのが大きかった。そこまで、すごく重圧を感じていましたが、1点取ってから、力を抜いてプレーできている感覚です。

“気持ちの問題”って、よく言われるけど、自分でメンタルを良い方向に持って行くのは簡単じゃないし、誰にでもできるわけじゃない。でも、それができるのが自分です。大げさに聞こえるかもしれないけど、毎試合、命がけで戦っているので、それが結果に表われているのかなと」

 福田の魅力は、類稀なスピードと、ゴール前での鋭い嗅覚だ。「どこに行けば点を取れるか、という感覚が研ぎすまされてきた」というストライカーがさらなる飛躍を果たせば、現在17位のチームの巻き返しにもつながるはずだ。

 また、湘南で結果を残し続けていれば――今夏のパリ五輪に出場する大岩ジャパンで、その名が浮上してくるかもしれない。

取材・文●岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

記事:【U-23日本代表23選手の通信簿】アジア制覇の大岩ジャパン、大会MVPの主将を文句なしのSに! 唯一“最低評価D”だったのは...
 
【関連記事】
「選手はどうサボりながら勝つかを考えちゃう」内田篤人が“夏のJリーグ”について持論「正直、欧州と逆のことをやっている」
【U-23日本代表23選手の通信簿】アジア制覇の大岩ジャパン、大会MVPの主将を文句なしのSに! 唯一“最低評価D”だったのは...
松木や荒木も安泰ではない。パリ五輪本番の18人、最終予選組から生き残るのは5~6人の可能性も。前回のアジア制覇時と比較
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」【2023総集編】
「また観たいかっていうと観たくない」小野伸二、“ファンタジスタが消えた”現代サッカーに本音。中村俊輔の「生きにくくなった」に同調

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ