• トップ
  • ニュース一覧
  • 「リバプール&トッテナムの最強11人」を英紙が発表! サラー、ソン・フンミンらと共に遠藤航を選出! 知名度爆上がりを強調

「リバプール&トッテナムの最強11人」を英紙が発表! サラー、ソン・フンミンらと共に遠藤航を選出! 知名度爆上がりを強調

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年05月05日

「昨夏までイングランドのファンのほとんどが知らなかった」

イングランド屈指の名門リバプールで輝きを放つ遠藤。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間5月5日、プレミアリーグ第36節で3位のリバプールと5位のトッテナムが、前者の本拠地アンフィールドで対戦する。

 注目の上位対決を前に、英紙『Daily Mail』が「4-3-3のフォーメーションで戦う、リバプールとトッテナムの最強の組み合わせ」と称し、合同ベストイレブンを発表。中盤の一角には遠藤航(リバプール)を挙げ、その理由をこう説明した。

「昨夏、わずかな移籍金でシュツットガルトからやってくるまでは、この小柄な日本人MFの名前を聞いたことがあるイングランドのファンはほとんどいなかっただろう。しかし、今シーズンのプレミアリーグでの活躍はリバプールの順位に大きく貢献し、移籍市場で抜け目なく行動するクラブの能力をさらに証明している。

 空中戦での勝利数は32回、ヘディングでのクリアは22回。彼の身長にしては空中戦での存在感は印象的だ。ボールをキープし、中盤の底から攻撃を組み立てる能力も長けている」
【動画】リバプールで内紛!サラーがクロップとまさかの衝突!同僚FWが止めに入る
 攻撃の花形CFは、ソン・フンミン(トッテナム)を選出。日韓キャプテンが揃って名を連ねた形だ。バイエルン・ミュンヘンに移籍したハリー・ケインに代わり、今季からクラブでも腕章を巻くストライカーを高く評価している。

「新キャプテンはCFに移ったことで、16ゴール・9アシストを記録しており、新たな役割で大活躍していると言っていいだろう。スパーズは攻撃面ではケイン退団の影響をあまり受けておらず、昨シーズンと同じ得点数まであと3に迫っている。その主な理由の1つがソンだ。ダニエル・レビー会長は、1年後に契約が切れる大黒柱とすぐにでも新契約を結びたいと考えているはずだ」

『Daily Mail』が発表した最強の組み合わせは以下の通り(L=リバプール、T=トッテナム/代表)。リバプールから8人が選ばれ、大半を占めている。

GK
アリソン・ベッカー(L/ブラジル)

DF
トレント・アレクサンダー=アーノルド(L/イングランド)
フィルジル・ファン・ダイク(L/オランダ)
ミッキー・ファン・デ・フェン(T/オランダ)
アンドリュー・ロバートソン(L/スコットランド)

MF
遠藤航(L/日本)
アレクシス・マカリステル(L/アルゼンチン)
ジェームズ・マディソン(T/イングランド)

FW
モハメド・サラー(L/エジプト)
ソン・フンミン(T/韓国)
ルイス・ディアス(L/コロンビア)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】またベンチに座りたいか? サラーとクロップ監督の衝撃口論の理由が判明! まさかの相手FWが暴露「明らかに気に入らなかったんだ」
 
【関連記事】
「容赦なく外す」“上田の恩師”のリバプール新監督就任なら遠藤航はレギュラー剥奪と現地予測。代わりに起用を予想したのはまさかの...
「彼の限界が明らかになった」遠藤航に退団の可能性浮上、地元メディアは新MFの獲得を主張「エンドウは素晴らしい仕事をしてきたが...」
「エンドウにハマってるんだ」英昇格クラブ幹部、遠藤航を最も欲しい“夢の補強”と明言!「信じられない」「この男は誰って感じだったが...」
「森保さんが注意しないと」闘莉王が日本代表ベテランの“行為”に苦言 「すごく気になっている」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ