• トップ
  • ニュース一覧
  • 「感情的になってしまった」GK小久保玲央ブライアン、試合終了間際の涙の意味は?「みんなが駆け寄ってくれて、『俺ら信じてたよ』って」【U-23アジア杯】

「感情的になってしまった」GK小久保玲央ブライアン、試合終了間際の涙の意味は?「みんなが駆け寄ってくれて、『俺ら信じてたよ』って」【U-23アジア杯】

カテゴリ:日本代表

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年05月04日

PKストップで勝利に貢献

GK小久保(中央)が涙のワケを明かした。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 U-23日本代表は現地5月3日、カタール・ドーハで開催されているU-23アジアカップ決勝でU-23ウズベキスタン代表と対戦し、1-0で勝利。4大会ぶりの優勝を果たした。

 この試合、リードする展開で終了のホイッスルが鳴る直前、ピッチ上ですでに涙を流していたのがGK小久保玲央ブライアンだ。その涙は、試合中にかけられたチームメイトからの言葉がきっかけだった。

 小久保は、1-0で迎えた90+8分に相手に与えたPKをストップ。キッカーのラクモナリエフが右足でゴール左に放ったシュートを読み切り、横っ飛びでセーブした。

 その後、駆け寄ってきた選手たちに称えられたことで、様々な思いが押し寄せ、涙がこぼれたのだと言う。
【PHOTO】U-23日本代表のウズベク戦出場16選手&監督の採点・寸評。PKストップのGK小久保をMOMに。決勝弾の山田楓も高評価
「チームのみんなが駆け寄ってくれて、『俺ら信じてたよ』って。自分的にPKはあんまり自信がなかったけど、PKの前にもみんなが背中を押してくれて、『ブライアンなら止めれるでしょ』と。いろんな選手からの言葉を信じて、自分の思った方向に飛べた。それで、自信持ってセーブできたので、感情的にもやっぱりちょっときちゃいました。

 あとはこのチームでの活動が終わってしまうだったり、アジアのチャンピオンになるために日本国民の人が応援してくれているとかで、自分的にすごく感情的なってしまいました」

 ビッグセーブでチームをアジア王者へと導いた小久保は、「本当に優勝できて嬉しい」と喜びを噛みしめていた。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【記事】「後半ATに劇的ゴールとPKセーブだ」大岩ジャパン、ドラマティックなU-23アジア杯制覇に韓国メディアも驚嘆! 敗れたウズベクにも賛辞「日本のパスサッカーを無力化した」

【記事】「日本はアジア最強だ」「A代表でも勝てない」優勝した大岩ジャパンの強さに中国感服!「間違いなく偉大、彼らから学ぶべきだ」【U-23アジア杯】

【PHOTO】U-23アジア杯に駆けつけた各国の美女サポーターを特集!
【関連記事】
優勝に導く渾身のPKストップ! GK小久保玲央ブライアンが感謝「『お前なら止められる』って」 試合終了前から目は赤く【U-23アジア杯】
「大丈夫なんかな」「素直に喜べない」優勝も…荒木遼太郎の負傷交代に不安広がる。顔面強打→プレー再開→担架でアウト【U-23アジア杯】
「韓国に負けた日本が優勝」「復活して頂上へ」大岩Jのアジア制覇に韓メディアが敏感反応! 自国の8強敗退には「衝撃の脱落」【U-23アジア杯】
「日本はアジア最強だ」「A代表でも勝てない」優勝した大岩ジャパンの強さに中国感服!「間違いなく偉大、彼らから学ぶべきだ」【U-23アジア杯】
「自分の記憶がない」心配な荒木遼太郎の状態は? 激しく顔面を打ち、表彰式欠席で病院へ【U-23アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ