【J1】今年は助っ人FWが08年以来の当たり年? 得点ランク10位以内に9人が名を連ねる

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年04月15日

現時点のペースを保てば得点王争いは30ゴール前後を争うハイレベルな展開に。

第1ステージ・6節終了時の得点ランク上位4人。ジェイ(磐田/左上)が6得点でトップに立ち、クリスティアーノ(甲府/右上)、ピーター・ウタカ(広島/左下)、ラファエル・シルバ(新潟/右下)が5得点で並ぶ。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは4月10日までに第1ステージの6節を終了しているが、得点ランキングにひとつの興味深い傾向が見えている。
 
 現在得点ランキングは、磐田のジェイが6得点でトップを走るが、ランキングのトップ10(14名)のなかにジェイをはじめ9名の外国籍選手が名を連ねている(ちなみに日本人選手のトップは4得点の興梠慎三で、トップ10には5名の選手がランクイン)。
 
 これは近年あまりない状況で、同時期の6節終了時点で見ると2012年にはトップ10内に10人の選手がランクインしたが、しかし最終結果を見ると……。
 
 ここ5シーズン(2011~2015)、得点ランクのトップ10に外国籍選手が食い込んだ数は以下のとおりだ。
    6節終了時 最終結果
2015年 5人    2人
2014年 4人    5人
2013年 4人    2人
2012年 10人    2人
2011年 4人    4人
 
 2012年の6節終了時は、10人の助っ人がトップ10内に食い込んだものの、その顔ぶれを見るとマルシオ・リシャルデス(浦和)、キム・ボギョン(C大阪)、レアンドロ・ドミンゲス(柏)、アレックス(清水)など生粋のストライカーとは言えない選手も多く含まれ、最終的には上位から脱落している。
 
 対して、今季6節終了時の顔ぶれは鹿島のカイオを除けば、そのほとんどが各チームのエース級の点取り屋だ。以下、今季ここまでの得点ランクである。
 
2016年得点ランキング(6節終了時)
1 ジェイ(磐田)        6
2 クリスティアーノ(甲府) 5
2 ラファエル・シルバ(新潟)5
2 ピーター・ウタカ(広島) 5
5 興梠慎三(浦和)     4
5 シモビッチ(名古屋)   4
7 カイオ(鹿島)        3
7 金崎夢生(鹿島)     3
7 ドラガン・ムルジャ(大宮)3
7 小林 悠(川崎)     3
7 大久保嘉人(川崎)   3
7 中村憲剛(川崎)     3
7 レアンドロ(神戸)    3
7 ウェリントン(福岡)   3
 
 日本国籍を持たない選手たちが、シーズン最終結果で得点ランク10位内に9名入ったのは鹿島が2連覇を果たした2008年までさかのぼる(日本人選手は6名がランクイン)。この時は、鹿島のエースだったマルキーニョスが得点王を獲得し、ダヴィ(札幌)、鄭大世(川崎)、アレッサンドロ(新潟)、ジュニーニョ(川崎)、ヨンセン(名古屋)ら錚々たるストライカーたちが名を連ねている。
 
 今季も上位の顔ぶれを見れば、これからもゴールを量産しそうなストライカーがズラリと並ぶ。現状のペースを保てば、得点王は30ゴール前後のハイレベルな争いになる。もちろん最終的な結果は蓋を開けてみなければ分からないが、現時点での助っ人FWたちの好調ぶりを示す、ひとつの傾向が浮かび上がっていると言えそうだ。
 
【関連記事】
【ヨーロッパリーグ】攻守で効果的だった香川の交代とその後の逆転負けの関係は!?
【リオ五輪】強豪揃いのB組入りも、手倉森監督は「日本にとっては良いグループ」
【リオ五輪代表】五輪に挑むメンバーは? 現時点での実績・調子からオーバーエイジを除く15人を占う
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
【今日の誕生日】4月15日/日本サッカー界の頂点に立つレジェンド――釜本邦茂&楢崎正剛

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト 最終登録メンバーを網羅!
    11月18日発売
    最終確定版!!
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ