• トップ
  • ニュース一覧
  • 「PK製造機」「UFCに移籍したほうがいいのでは?」またもや軽率タックルのアラウホに非難「CLから何ひとつ学んでない」

「PK製造機」「UFCに移籍したほうがいいのでは?」またもや軽率タックルのアラウホに非難「CLから何ひとつ学んでない」

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2024年05月01日

一時逆転ゴールとなるPKを献上

CLのパリSG戦に続く軽率なプレーで批判を浴びているアラウホ。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間4月29日に開催されたラ・リーガ33節で、バルセロナはホームでバレンシアと対戦。エースのロベルト・レバンドフスキがハットトリックを挙げる大活躍を見せ、4-2で勝利を収めた。

 この一戦で物議を醸しているのが、36分のシーンだ。抜け出したバレンシアのFWペテル・ゴンサレスを、バルサのDFロナルド・アラウホがスライディングで足をかけて倒してしまい、PKを献上。これをMFのペペルに決められ、一時逆転となるゴールを許したのだ。

 アラウホはスピードで追いついていて、後ろには守護神のマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンも控えていたため、無理にスライディングするシーンではなかった。加えて、アラウホは約2週間前にも軽率なタックルで試合をぶち壊したばかりだ。

【動画】アラウホの軽率なPK献上シーン

 16日に行なわれたチャンピオンズリーグ準々決勝・第2レグのパリ・サンジェルマン戦。トータルスコアで2点リードの29分、抜け出したブラッドレー・バルコラを手で引っかけて倒してしまい、決定機阻止でレッドカードを受けたのだ。

 これで数的不利となったバルサはその後、1-4で悪夢の逆転負けを喫し、準決勝進出を逃した。今回は幸いPKを取られただけで、カードの対象にはならなかったが、またもや敗北に直結し兼ねないプレーを見せたアラウホには、バルサファンを中心にSNSなどで非難の声が上がっている。

「穴すぎる」
「PK製造機で草」
「直近で2回はバカやろ」
「そろそろUFCに移籍したほうがいいのでは?」
「まじで売るべきやと思う」
「CLから何ひとつ学んでないな」
「脳筋ってこういう奴のことを言うんやな」
「ファウルの場所によってはまた退場してて笑えないんだけど」
「バルサを負かせたいの?」

 シーズン終盤戦は17歳のパウ・クバルシとコンビを組むことが増えているアラウホ。若いCBを牽引するような“大人の”プレーを見せてほしいものだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【記事】久保建英、“マドリー寄り”への不満発言で古巣復帰は完全消滅か。「ぺレス会長が憤慨」と現地報道!「彼の夢は決して叶わない」
 

【関連記事】
久保建英、“マドリー寄り”への不満発言で古巣復帰は完全消滅か。「ぺレス会長が憤慨」と現地報道!「彼の夢は決して叶わない」
「日本人の発言は非常に残念」久保建英の“不満吐露”にマドリー寄りメディアは不快感「マドリーのファンは全く好まない」
「黙る必要はない。不公平だ」クラシコ敗戦のバルサ、シャビ監督が判定に激怒!「ファンを騙すことはできない」
「ルニンの1ミリ」「めちゃくちゃ入ってない?」バルサ、クラシコでの“幻のゴ―ル”にネット反響!「カメラの映像すら防いでるの守護神すぎる」
「まるで和製ピケ」「良過ぎる」大岩ジャパン19歳CBの安定ぶりがSNSで話題!「高井くん」がトレンド入り!【U-23アジア杯/準決勝】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ