• トップ
  • ニュース一覧
  • 「今日、僕が話したら炎上する」指揮官と“口論”のサラーは怒りが収まらず? クロップ監督は「すでに話しをした。終わったこと」と強調も...

「今日、僕が話したら炎上する」指揮官と“口論”のサラーは怒りが収まらず? クロップ監督は「すでに話しをした。終わったこと」と強調も...

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月28日

ウェストハムと2-2のドロー

クロップ監督に不満を露わにしたサラー。(C)Getty Images

画像を見る

 遠藤航が所属するリバプールは、4月27日に開催されたプレミアリーグの第35節で、ウェストハムと敵地で対戦。2-2のドローに終わった。

 この一戦で小さくない物議を醸しているのが、先発を外れたエースのモハメド・サラーとユルゲン・クロップ監督の衝突だ。

 レッズは2-1と1点リードで迎えた76分あたりから、サラー、ダルウィン・ヌニェス、ジョー・ゴメスの三枚替えを準備している間に同点ゴールを献上。失点の前から、クロップ監督に向かって両手を広げて何事かを言い放っていたエジプト代表FWは、被弾でヒートアップしたのか、また悪態をつく。

 ヌニェスが2人の間に入って、エースをなだめる事態となった。
【動画】サラーがクロップとまさかの衝突!同僚FWが止めに入る
 英メディア『SPORT BIBLE』によれば、試合後のフラッシュインタビューで、この件について質問を受けたクロップ監督は、「私たちはドレッシングルームですでに話しをした。私にとっては終わったことだ」とコメント。大きな問題ではないと強調した。

 ただ、サラーのほうは、「今日、僕が話したら炎上するだろう」と言い残して、取材エリアを足早に立ち去っている。

 大事な最終盤で、エースと指揮官はわだかまりなく残り試合を戦えるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「エンドウは限界が見え始めた」遠藤航では不満なのか。リバプールがポルトMFと交渉開始と現地報道「欠けているのは6番」 
 
【関連記事】
「少し自信がない」「スピード不足」痛恨ドローのリバプール、先発の遠藤航に現地メディアはチーム最低評価「2、3か月前が絶好調だっただけに…」
「エンドウは限界が見え始めた」遠藤航では不満なのか。リバプールがポルトMFと交渉開始と現地報道「欠けているのは6番」
「リバプールの苦戦を悪化させた」交代出場の遠藤航、最初のタッチで大ピンチを招いたミスを英メディアが糾弾「エンドウは改善のために投入されたのに...」
「バラバラの前半で、彼の存在が惜しまれた」遠藤航は先発すべきだった! 現地メディアが主張「ベンチスタートには驚いた」
リバプールが大苦戦、仏代表DFが「悪夢のようにいじめられた」宿敵FWを途中出場の遠藤航が抑え込む! 地元メディアが称えた“投入効果”「勝ち始めた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ