• トップ
  • ニュース一覧
  • 【リオ五輪代表】ようやく「スタートラインに立った」小川諒也。自慢のクロスで五輪への扉を開けるか?

【リオ五輪代表】ようやく「スタートラインに立った」小川諒也。自慢のクロスで五輪への扉を開けるか?

カテゴリ:日本代表

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年04月13日

「遠い存在」だった五輪も、試合出場を重ねて「意識する」ように。

小川はクラブでスタメン出場を続けている勢いを持って、初の手倉森ジャパンに乗り込んできた。自慢のクロスでアピールし、五輪への扉を開けるか見物だ。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 今回の静岡合宿で、プロ2年目のDF小川諒也はチーム最年少(1996年11月24日生まれの19歳)にあたる。山中亮輔の負傷で手倉森ジャパンに追加招集されたが、これまで年代別代表とも無縁だった小川にとって、五輪は当初「遠い存在」だった。

【U23日本代表PHOTO】トレーニングキャンプ@静岡】

 それでも、昨季FC東京で公式戦に出られず悔しい想いをするなか、挫けずにしっかりと練習を重ねてきた。すると、3月1日のACLビン・ズオン戦で左SBに抜擢。U-23代表候補の室屋成が左足ジョーンズ骨折(全治3~4か月)、駒野友一が右ふくらはぎを負傷したことで巡ってきたチャンスとはいえ、クラブでのデビュー戦でいきなりアシストをマークした。そこからリーグ戦でも5試合連続でスタメン出場(うち4試合がフル出場)を続けており、五輪の「位置付け」にも少しずつ変化が起こり始めている。
 
「(僕は)プロ1年目の時点では試合にも出ていない。今季、試合に出られるようになって五輪を意識するようになったし、ようやくスタートラインに立てたと思う。リーグ戦に関しては、自分としてはまだまだだと思う。代表は一つひとつプレーの質が高いし、自分は必死に食らい付いていくだけかなと」
 
 小川の特長は、なんと言っても精度の高い左足のキックだ。流経大柏高時代から意欲的に取り組んできたが、太田宏介(現フィテッセ)の存在が成長を加速させた。
 
「プロ1年目の時に太田選手のFK、CKを間近で見て刺激になった部分はある。クロスの練習とかいつも一緒だったので、蹴り方のコツ、どこを狙えばいいのかアドバイスをもらった。一番印象的だったのは、ニアに合わせる時に『GKを狙っている』と聞いたこと。あとは、クロスは『人に合わせるのではなく、スペースに合わせる意識で蹴っている』、と。どちらかと言うと、自分は人に合わせようとしていて、合わないところがあったので、それを変えて上手くいった。良い方向に繋がっていると思う」
【関連記事】
【リオ五輪代表】世界のスタンダードに追い付くために――。岩波が主将・副将不在のチームを牽引する
【リオ五輪代表】楽しむスタンスは崩さない――。中島翔哉が「一番違いが出せる選手」への挑戦を誓う
【リオ五輪】日本は第1ポット。ブラジル、アルゼンチン、メキシコとの同組を回避
【リオ五輪】組分け抽選は14日!”最悪”はポルトガル、ナイジェリア、コロンビアとの同組か
【W杯アジア最終予選】日本は組分けに恵まれたのか? ハリルジャパンの進化を測る意味で“ひとつの物差し”になる試合は──

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ