• トップ
  • ニュース一覧
  • 「連敗すると一気に崖から転がり落ちる悲劇がある」「転がったら早いぞ」FC東京戦で黒田監督が示した“連敗アレルギー”という執念【町田】

「連敗すると一気に崖から転がり落ちる悲劇がある」「転がったら早いぞ」FC東京戦で黒田監督が示した“連敗アレルギー”という執念【町田】

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年04月21日

FC東京戦の勝利の意味

町田を勝利に導いた黒田監督。写真:鈴木颯太朗

画像を見る

 2024年4月21日、FC町田ゼルビアがFC東京に2-1と勝利。前節の神戸戦で敗れたショックを打ち消すと言っても大袈裟ではない勝点3を手にした。2-1で迎えた後半は押し込まれる展開ながらも粘り強い守備で対抗。そのまま逃げ切った戦いぶりは、ある意味町田らしいものだった。

 試合後の監督会見で印象的だったのは、黒田剛監督が「連敗しなかったこと」について話した件だ。

 相手が同じ首都クラブのFC東京で、しかもアウェー。かなりプレッシャーがあった状況下で、黒田監督は「絶対に連敗だけはできない」想いがあった。

「去年(J2リーグで)連敗せずに優勝を手繰り寄せた経験から、『連敗すると一気に崖から転がり落ちる悲劇がある』ということを選手たちに伝えて向き合わせました。

転がったら早いぞと。今は食らいつけば上にもいけるし、トップを狙えるポジションにいる。1試合、2試合で7、8位、気づいたら10位以下ということもあるし、毎節ごとに状況が変わることも選手たちに伝えました」
 
 上に食らいついていく目標を掲げてスタートした以上、連敗してはいけないこだわりを黒田監督は携えている。選手たちにも「執念を持って、それを全うしてほしい」と伝えているという。

 U−23日本代表の藤尾翔太や平河悠、さらに主砲のエリキが不在のなかで「得た勝利の意味は大きい」とも話していた黒田監督。実際、「東京ダービーと言っていいか分かりませんが、新参者として早く東京のダービーと呼べるような、または町田の名を東京に轟かせることができるかどうか、いろんな意味ですごく深い試合になった」とも指揮官は述べていた。

 黒田監督の“連敗アレルギー”が間違いなくチームの士気を高めるファクターになっている。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!

【記事】「日本代表監督になったら面白い」鄭大世が正直にそう思った指揮官は? 「日本代表の弱点を突いたサッカーを徹底的にやっている」

【記事】優れたフィジカルで敵守備陣を混乱。キックの精度は異次元。UAE戦で印象的だった“ふたりのパフォーマンス”【U-23アジア杯/コラム】
【関連記事】
「町田のサッカーが汚いとか文句を言っている人は恥ずかしい」元Jリーガーが警告「ルールの範囲で時間稼ぎをして何が悪いのか」
「采配が的中した」町田が首位奪還! 黒田監督が“東京ダービー”に会心「耐えに耐え、苦しみに苦しみ、そして最後に勝利が待っている」
「その中心にオ・セフンがいる」快進撃の町田で“コリアンデュオ”が躍動! 韓国メディアも報道「ナ・サンホもゴール。存在感を示した」
「日本代表監督になったら面白い」鄭大世が正直にそう思った指揮官は? 「日本代表の弱点を突いたサッカーを徹底的にやっている」
「優しい性格なので根性を叩き直そうと練習から特別厳しく言っている」昌子が期待の若き才能がFC東京戦で躍動「アシストも彼だから間に合った」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ