• トップ
  • ニュース一覧
  • 神戸FW武藤嘉紀が痛みを抱えながら劇的決勝弾「ヴィッセルは脇腹が痛いくらいで休めるチームじゃない」

神戸FW武藤嘉紀が痛みを抱えながら劇的決勝弾「ヴィッセルは脇腹が痛いくらいで休めるチームじゃない」

カテゴリ:Jリーグ

岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

2024年04月20日

「サコ君は最適解を見つけられる選手」

湘南戦の90+3分に劇的な決勝ゴールを挙げた武藤。写真:滝川敏之

画像を見る

 4月20日、ヴィッセル神戸はJ1第9節で湘南ベルマーレと敵地で対戦し、1-0で勝利した。

 前節のFC町田ゼルビア戦(2-1)に続き勝点3を掴んだ神戸。今季初の連勝に導いたのは、武藤嘉紀だ。90+3分、ボックス内でボールを収めた大迫勇也のお膳立てから冷静にフィニッシュ。劇的な決勝ゴールを挙げた。

 試合後、武藤は得点シーンをこう振り返った。

「サコ君(大迫勇也)は最適解を見つけられる選手なので、良いところにいれば出してくれると信じて、サコ君の視野に入ることを意識しました。自分で打つかなとも思いましたが、やっぱり出してくれた。感謝しています」
【動画】90+3分の武藤嘉紀の劇的決勝弾!
 試合途中、接触のあった脇腹に手をあてて、気にする様子のあった武藤。「本人、メディカルと話し合った」(吉田孝行監督)末に、フル出場を果たしたが、やはり痛みを抱えながらのプレーだったという。

 武藤は試合終了の笛が鳴るまで走り抜いた理由を明かした。

「(脇腹は)めっちゃ痛いです(笑)。でも、皆さん知っての通り、ヴィッセルは脇腹が痛いくらいで休めるチームじゃない。監督が痛みを抱えながらの自分のプレーを見て、ダメだと思ったならベンチに下げればいいので、僕からは『やれる』ということを伝えました」

 その結果、後半アディショナルタイムの殊勲弾が生まれた。痛みに耐えながら、さすがの働きを見せた11番のプレーが、現在3位(4月20日時点)のチームの強さを象徴していると言える。

取材・文●岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

【記事】「大混乱を引き起こした」絶妙アシストの鎌田大地、伊メディアが最高評価で絶賛!「日本人がやって来た」
 
【関連記事】
「賛否あるだろうけど」内田篤人が町田のロングスローに意見。中村憲剛も見解「正しく使っているだけ」
「簡単じゃないんですよ」まさかの16位...川崎の不振にOB中村憲剛が言及「苦しい状況」
「なかなかやばそう」川崎、また勝てず...直近4試合は未勝利&無得点。16位低迷にファン悲嘆「マジでどしたん」「めっちゃ沼ってて悲しい」
「ウソでもいいから抗議をしないと」なぜ内田篤人は一発レッド後の西尾隆矢の“行動”に苦言を呈したのか「すぐ出ちゃだめですよ」【U-23アジア杯】
「バっと立ち上がって...」浦和OBの岡野雅行が若き日の小野伸二に感銘「こいつすげえなと」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ