• トップ
  • ニュース一覧
  • キミッヒ弾でバイエルンがアーセナルを1-0撃破! 約4か月半ぶり先発の冨安は奮闘も報われず【CL準々決勝】

キミッヒ弾でバイエルンがアーセナルを1-0撃破! 約4か月半ぶり先発の冨安は奮闘も報われず【CL準々決勝】

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月18日

バイエルンが63分に先制

ザネ(左)と再三やり合った冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間4月17日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝・第2レグで、冨安健洋が所属するアーセナルとバイエルンが後者のホームで対戦した。

 2-2のドローに終わったホームでの第1レグでは出番のなかった冨安は、4-3-3の左SBで約4か月半ぶりに先発出場。本田圭佑、内田篤人、長友佑都、香川真司、岡崎慎司に続く日本人6人目となるCL準々決勝出場を果たす。

 アーセナルは16分、その冨安がマッチアップしたザネに入れ替われてピンチを招くも、CBのガブリエウがクロスをカットして難を逃れる。

 その後も主導権を握られたなか、29分に冨安が敵陣でインターセプトし、そのボールを収めたウーデゴーがミドル。これはGKノイアーが好セーブに阻まれる。その2分後にもウーデゴーのクロスからマルチネッリが狙うも、ノイアーの正面を突く。
 
 後半はバイエルンのペース。47分のゴレツカのヘッドはクロスバーを叩き、そのこぼれ球を狙ったゲレイロのシュートはブロックされる。

 迎えた63分、バイエルンが均衡を破る。左サイドからゲレイロが上げたクロスを、右SBのキミッヒがヘッドでねじ込んでみせた。
【動画】勝負を決めたバイエルンDFキミッヒの豪快ヘッド弾
 アーセナルは67分、マルチネッリとジョルジーニョを下げて、第1レグで活躍したトロサールとガブリエウ・ジェズスのコンビを投入。さらに86分には、ザネに突破されたシーンもあったものの、再三のボール奪取や的確なビルドアップなど攻守に奮闘した冨安を下げて、アタッカーのヌケティアを送り込む。

 しかし、最後までバイエルンの堅牢を崩せず、このまま0-1で敗戦。2試合合計2-3で敗戦が決定した。バイエルンは優勝した2019-20シーズン以来、4シーズンぶりのベスト4進出となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「トミヤスの方が優れている」冨安健洋を起用しなかったアルテタ采配を英メディアが疑問視! 左SBのHT交代に皮肉「自分のミスを認めたようだ」
 
【関連記事】
「冨安コンタクト」がトレンド入り!冨安健洋、CLでまさかのアクシデントにネット反響!「大ブーイング受けてる」「座り方怖すぎる」
「バイエルンの危険人物をかなり静かにさせた」“ザネ封じ”の冨安健洋に地元メディアが最高評価!「大部分で本当に良い仕事をした」
CLベスト4が出揃う!王者撃破のマドリーはバイエルン、パリSGはドルトムントと対戦
アーセナル左SBのベストは? 冨安健洋ら3選手を海外メディアが比較「トミヤスは悲しいことに...」
「私がライスだったら激怒する」冨安を抑えて先発のアーセナルDFを英識者が痛烈批判!「アルテタの執着は何だ? 本当にそんなに重要か?」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ