• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本は2段階レベルが違った」“10人で勝利”の大岩Jに中国のメディアは脱帽! 母国代表はバッサリ「まるで勝っているかのようにスローだった」【U-23アジア杯】

「日本は2段階レベルが違った」“10人で勝利”の大岩Jに中国のメディアは脱帽! 母国代表はバッサリ「まるで勝っているかのようにスローだった」【U-23アジア杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月17日

17分にCBの西尾が一発レッド

決勝点を決めた松木(17番)はハードワークも光った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 U-23日本代表は4月16日、パリ五輪のアジア最終予選を兼ねたアジアカップのグループステージ初戦で中国と対戦。1-0で白星を挙げた。

 開始8分に松木玖生の先制ゴールでリードを奪った大岩ジャパンは、17分に振り上げた左腕が相手に当たったCBの西尾隆矢が一発レッドで退場。残り時間を数的不利で戦う状況となった。
【動画】西尾隆矢がまさかの一発レッド
 それでも、GKの小久保玲央ブライアンが再三の好セーブでピンチを阻止。虎の子の1点を守り切り、白星スタートとなった。
 
 この日本の戦いぶりに、対戦した中国のメディアも脱帽。ポータルサイト『捜狐』は、次のように伝えている。

「試合開始後、試合の方向性は基本的に外部の推測と同じだった。中国は序盤から日本に抑えられ、後者のボール支配率は70パーセントにも達した。日本選手のプレーのリズムから判断すると、中国の選手と基本的に二段階違うレベルにあり、(事前の報道であった)4倍の市場価値の差があるというのは比較的客観的だと考えられる」

 記事は、「中国は特に脅威となるチャンスを作り出せなかった。視覚的には、ゆっくりとゆったりとボールを扱う中国選手が、まるでスコアをリードしているように見えた」とに皮肉り、こう続けている。

「フィールドでこのような状況が起こるのは、中国の選手が置かれているリーグの環境がスピードアップする能力を養えないからだ。逆に、日本は後半に素早いトランジションを何度も見せ、ゴールには結びつかなかったものの、それでもその動きは非常に脅威だった」

 点差以上に強度や技術の差があったとの見立てだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「日本が9人でも勝てない」「台無しだ」数的優位でも大岩Jに完封負け! 中国のファンは憤慨!「アマチュアすぎる」【U-23アジア杯】
 
【関連記事】
「日本が9人でも勝てない」「台無しだ」数的優位でも大岩Jに完封負け! 中国のファンは憤慨!「アマチュアすぎる」【U-23アジア杯】
「日本との差は大きかった」数的不利の大岩Jに0-1敗戦!中国代表を母国メディアは酷評「恥ずかしい」【U-23アジア杯】
【セルジオ越後】西尾の退場で試合が壊れてしまった中国戦。まるで日本の金星、勝てたのはラッキーだったよ【U-23アジア杯】
「日本の精神力は半端ないぞ!」10人で中国に競り勝った大岩Jに韓国メディアも脱帽! 中国には「不甲斐ない攻撃」と辛辣批評【U-23アジア杯】
「中国0-5日本」「あまりにも残酷」大岩ジャパンの先発メンバーに中国震撼!「引き分けなら奇跡だ」【U-23アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ