• トップ
  • ニュース一覧
  • 「風邪気味だった」横浜戦で存在感を放った湘南FWルキアンは自身の出来に納得できず「ベストパフォーマンスには届いていません」

「風邪気味だった」横浜戦で存在感を放った湘南FWルキアンは自身の出来に納得できず「ベストパフォーマンスには届いていません」

カテゴリ:Jリーグ

岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

2024年04月14日

「もっとチームに貢献できるはず」

横浜戦で身体を張って前線の起点になったルキアン。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 4月13日、湘南ベルマーレはJ1第8節で横浜F・マリノスと敵地で対戦し、2-2で引き分けた。

 この試合でひと際存在感を放ったのが、今季加入のFWルキアンだ。得点には絡めずも、持ち前の屈強さとスピードを存分に発揮。ロングボールのターゲットとして幾度も前線で起点となれば、敵の背後への斜めのランでチャンスに絡んだ。献身的な守備も含め、最前線からチームを牽引したと言える。

 ただ、本人は横浜戦の出来に納得がいかない様子だった。

「個人的に、今日の自分のパフォーマンスは良くなかったと思っています。疲労が溜まっていた感覚でしたし、風邪気味だった。決められるチャンスを外してしまったし、失点にも絡んでしまいました。今週はもっと良い準備をしたいです」
【PHOTO】降りしきる雨の中最後まで声援を送り続けた湘南ベルマーレサポーター!
 本人が言うように、3分に敵陣で自らボールを奪い、相手GKとの1対1に持ち込む場面があったが、シュートは防がれてしまった。また、21分の横浜の先制点は、コーナーキックの流れから、ルキアンが身体でボールをブロックしきれず、入れ替わられてクロスを上げられたところからの失点だった。

 前線での存在感は抜群だったが、自らのプレー次第で勝利を引き寄せられただけに、手応えよりも悔しさが勝るのだろう。ルキアンはこう続ける。

「確かに、起点になるような良いプレーもあったかもしれないし、そこは続けなければいけない部分です。ただ、自分は全体を通してもっとチームに貢献できるはずです。まだ自分のベストパフォーマンスには届いていません」

 ルキアンはすでに、湘南にとって欠かせない存在となっている。2トップの相棒が変わったとしても、この11番は必ず先発に名を連ね続け、ここまでJ1全試合にフル出場中だ。

 それでも本人は「まだ自分のベストパフォーマンスには届いていない」と言うのだから、底知れない。ブラジリアン・ストライカーが自ら納得できるプレーを見せられた時、湘南はワンランク上のチームになれるかもしれない。

取材・文●岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブのチアリーダーを一挙紹介!

【記事】「衝撃的なニュース。パリSGの裏切りだ」韓国代表イ・ガンインが1年で放出か。エムバペ後釜のトレード要員報道に母国騒然!「なぜ“犠牲の子羊”に転落?」

【記事】「今までのトップ下像じゃない」中村俊輔が驚嘆した20歳のMFは?「身体も大きいし、両足蹴れて、頭も...」
 
【関連記事】
湘南MF平岡大陽が今季初得点。「自信を深められた」一方で笑顔は浮かべず「次は勝利につながるゴールを」
湘南FW福田翔生が3連敗中のチームを救うJ1初ゴール「“あ、これは決まるな”という確信がありました」
「今までのトップ下像じゃない」中村俊輔が驚嘆した20歳のMFは?「身体も大きいし、両足蹴れて、頭も...」
「絶対に行かない方がいい」城彰二が久保建英のパリ五輪出場に反対!「同じ世代なんだけど...」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ