• トップ
  • ニュース一覧
  • 「マエダ抜きにどう適応?」前田大然の離脱にセルティック地元紙が主張!“3つの解決策”とは?

「マエダ抜きにどう適応?」前田大然の離脱にセルティック地元紙が主張!“3つの解決策”とは?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月13日

「違う何かの機会を待っていたのかもしれない」

宿敵レンジャーズとのダービーでも活躍した前田。(C)Getty Images

画像を見る

 タイトルを争うなかでの離脱の知らせに、サポーターは落胆している。チームも同じだろう。だが、指揮官はそれ以上に、対応策を考えているはずだ。

 セルティックのブレンダン・ロジャーズ監督は、今週末の試合に向け、前田大然がハムストリングの負傷で欠場すると明かした。経過を見守るが、前田はシーズン終了となるかもしれないという。

 レンジャーズに1ポイント差をつけて首位に立つセルティックだが、消化はライバルより1試合多い。残りわずかとなった終盤戦で宿敵と激しく競っていくなか、先日のダービーでも開始22秒弾をあげるなど輝きを放った日本代表アタッカーの離脱は大きな痛手だ。

 復帰が間に合うことを願いつつ、セルティックは前田不在でタイトルレースを続けていかなければいけない。地元紙『Daily Record』は「マエダ抜きにセルティックはどう適応? ダイゼン不在で3つの解決策」と題した記事で、ロジャーズはどのような措置をとるべきかと報じた。
【PHOTO】ワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介! 
 同紙はルイス・パルマやヤン・ヒョンジュン、ニコラス・キューンの活用を主張。さらに、岩田智輝や旗手怜央らの中盤に、古橋亨梧をアダム・アイダと2トップで組ませるフォーメーション変更案に言及している。

「もちろん基本原則を貫く可能性は高い。だが、監督はこういった事態のために、違う何かの機会を待っていたのかもしれない」

「中盤をカラム・マグレガーかイワタ、ハタテ、パウロ・ベルナルド、マット・オライリーの4人とし、アイダとキョウゴの前線にしたら機能するだろうか? 好調のキューンをベンチに下げることとなるが、選手たちを合わない役割に押し込むより、人材が役立つフォーメーションと思われる。SBのアリストン・ジョンストンとグレッグ・テイラーが爆発することもできるようになるだろう」

 終盤のシステム変更はリスクも伴う。いずれにしても、ロジャーズの対応に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「信じられない」セルティックの韓国代表FWをレジェンドOBが辛辣批判!“軽すぎる守備”で痛恨の同点弾を許す「なんとバカげた試合だ」
 
【関連記事】
「プレミアに行くことになる」旗手怜央のステップアップ移籍に元PL得点王が見解!「それほど良い選手だ」
「今までのトップ下像じゃない」中村俊輔が驚嘆した20歳のMFは?「身体も大きいし、両足蹴れて、頭も...」
「信じられない」セルティックの韓国代表FWをレジェンドOBが辛辣批判!“軽すぎる守備”で痛恨の同点弾を許す「なんとバカげた試合だ」
「トミヤスの方が優れている」冨安健洋を起用しなかったアルテタ采配を英メディアが疑問視! 左SBのHT交代に皮肉「自分のミスを認めたようだ」
「エンドウは究極の保護シールド」遠藤航はマンUのブラジル代表MFより上!英紙が比較して賛辞「カゼミーロのベストでも彼より...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ