【J1】中村の直接FK&マルティノスのカウンター! エースと新戦力が躍動し、横浜がG大阪を撃破

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年04月02日

GK飯倉のPKストップも、この試合のハイライトに。

中村の直接FKが炸裂。このゴールで同点とした横浜は、後半に新加入のマルティノスが決勝点を挙げてG大阪を下した。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 J1・第1ステージ5節のG大阪対横浜が4月2日、市立吹田サッカースタジアムで行なわれ、2-1でアウェーの横浜が勝利した。

 試合は立ち上がりからテンションの高い攻防の連続で、一瞬も気が抜けない展開が続いた。

 ホームのG大阪は19分、宇佐美のクロスをパトリックが落とし、アデミウソンがボレーで沈めて先制。横浜から新加入したブラジル人が、古巣相手に恩返し弾を見舞った。

 一方、横浜はこの失点に気落ちせず。「変に前から奪いに行かずに、前半は耐えようと声をかけた」(中村)と冷静に対応し、反撃のチャンスを待つ。すると迎えた40分。伝家の宝刀が火を噴いた。

「1回目でズッコケたのでちょっと不安でしたが、2回目は気をつけて蹴って入りました(笑)。向こうのペースになっていたので入って良かった」(中村)

 11分のFKで足を滑らせていた中村が、反省を踏まえて左足を振り抜くと、ゴール右上にコントロールされたシュートがGK東口の左手をかすめてネットを揺らした。

 さらに、横浜は70分、鮮やかなカウンターで2点目を見舞う。G大阪のCKをカイケがクリアし、マルティノスが中盤でボールをキープ。これを齋藤がフォローしてドリブルで持ち上がり、最後は併走していたマルティノスが、リターンを受けてGKとの1対1を制した。

 新加入のマルティノスは、デビュー戦でJ初ゴール。「フィジカルは十分ではない状態」(モンバエルツ監督)ながら、大きな仕事をやってのけた。

 アウェーチームは、試合終盤に宇佐美にPKを取られたが、この場面ではGK飯倉が見せ場を作る。キッカーに立った遠藤のシュートコースを読み、完璧な反応でゴールマウスを守った。

 横浜はその後、選手全員が身体を張ってリードを守り抜き、アウェーで勝点3を獲得。伝家の宝刀が火を吹き、新戦力が結果を出す――。まさに会心の勝利で、4位に順位を上げた。
【関連記事】
【G大阪】8連戦を終えて2勝2分け4敗…。宇佐美も自身の不甲斐なさを嘆く「エネルギーが足りてない」
中村俊輔、本田圭佑、柴崎岳らが背負う"ナンバー10の使命"――ジーコ元日本代表監督が、中村を使い続けた理由とは
【J1採点&寸評】FC東京×名古屋|あの“怪物FW”が驚愕のゴール! 城福監督のアクションサッカーが垣間見える一戦に
【韓国メディアの視点】最終予選は日本と別組が濃厚… 直接対決の消滅に「残念だ」
【リオ五輪】組分け抽選は14日!”最悪”はポルトガル、ナイジェリア、コロンビアとの同組か

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ