• トップ
  • ニュース一覧
  • 「3分の2はゴールの内側に入っていた」“山下の1ミリ”を本人が解説「振り返った時に...」

「3分の2はゴールの内側に入っていた」“山下の1ミリ”を本人が解説「振り返った時に...」

カテゴリ:日本代表

渡邊裕樹(サッカーダイジェスト編集部)

2024年02月29日

「良い体勢だったからこそ足が運べた」

前半終了間際のピンチを救った山下。写真:田中研治(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 なでしこジャパンは2月28日、パリ五輪のアジア最終予選・第2戦で北朝鮮女子代表と対戦し、2-1で勝利を収めた。第1戦(0-0)との2戦合計2-1とし、2大会連続6度目の五輪出場を決めた。

 明暗を分けたプレーのひとつは、守護神・山下杏也加のビッグセーブだ。カタール・ワールドカップで話題となった「三笘の1ミリ」にちなんで、SNS上では「山下の1ミリ」と取り上げられた。

 1点リードで迎えた前半終了間際に、至近距離で相手の巧みなヒールシュートを見舞われる。決められたかに思われたが、山下は素早く反応。ゴールライン上ぎりぎりでかき出してみせた。
【動画】山下のビッグセーブ
 シュートの瞬間は見えていなかったという山下は「自分が振り返った時に、良い体勢だったからこそ足が運べた」と振り返る。

「このボールスピードなら大丈夫かなと。ファーポストに流れてくれていたのが良かった。3分の2はゴールの内側に入っていたけど、問題ないかなと」

 今回のアジア最終予選ではVAR判定が導入されていない。

「誤審を防げるっていうのは良いことですし、1試合目の審判の判定は、ムラがあって、ストレスもありました。今日の審判はちゃんと正しい判断をしてくれて良かったなと思っています」

 むしろ、しっかりVARで確認してくれと言わんばかりの、自信を持ったセーブだったようだ。

取材・文●渡邊裕樹(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】国立競技場に集結!なでしこ戦士を熱烈後押しする日本女子代表サポーターを特集!
 
【関連記事】
「アカン、泣いてまうやろ!」パリ五輪出場を決めたキャプテン熊谷紗希と大先輩レジェンドの“熱すぎる抱擁”にファン感涙!「今日イチの名場面だね」
「もっと荒れるかと思った」なぜ内田篤人はなでしこJに敗れた北朝鮮を“意外”と評したのか「危険なシーンもありましたけど...」
「日本の攻勢に苦戦」「五輪出場に失敗して落胆」なでしこJに敗戦の北朝鮮を韓国メディアがバッサリ!「最後の関門で苦杯をなめた」
「恐怖を乗り越えて生き延びた」なでしこJのパリ五輪出場を海外メディアが報道!「北朝鮮は圧力をかけ続けたが…」
采配がずばり的中! 先発抜擢の2選手が先制点演出。なでしこ池田太監督は「いろんな選手が自分の持っているものをすべて出してくれた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ