• トップ
  • ニュース一覧
  • アンカー熊谷は限界か。18歳の谷川に“運命の鍵”を委ねるべき【なでしこジャパン/コラム】

アンカー熊谷は限界か。18歳の谷川に“運命の鍵”を委ねるべき【なでしこジャパン/コラム】

カテゴリ:女子サッカー

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年02月26日

遠藤と宮澤不在の左サイドは完全沈黙

第1戦は希望の光となった谷川。アンカーで先発させるべきか。写真:早草紀子

画像を見る

 宮澤と遠藤が不在だと、ここまでなでしこジャパンは劣勢を強いられるのか。サウジアラビアでの北朝鮮戦を受けての素直な感想だ。

 この日のなでしこジャパンの左サイドは完全に沈黙した。ウイングの植木とサイドバックの古賀の距離感が悪く、そのせいで同サイドのインサイドハーフに入った長野も前半途中までほとんどボールに絡めなかった(長野がボールに触れるようになったのは長谷川と左右のポジションを入れ替えてから)。

 昨年の女子ワールドカップ以後、なでしこジャパンはアンカーに熊谷を置く4-3-3システムを採用。そこで戦術の肝になっていたのが左サイドバックの遠藤で、その遠藤と上手く攻撃を組み立てていたのが宮澤なのだ。当然ながら、このふたりを揃って負傷離脱で欠いたダメージはあまりにも大きかった。正直、遠藤と宮澤の代役は存在しない。それが第1戦を受けての見解だ。

 左サイドからの展開は期待できず、ならば右サイドから崩そうとしても連動した攻撃はほとんど見られない。試合を振り返ればなでしこジャパンの決定機は41分に田中が放ったシュートのみ。一方で北朝鮮に複数の得点機を与えたことを踏まえると、奇跡のスコアレスドローとも言えた。
 
 攻撃が停滞した原因のひとつは、アンカーの熊谷だろう。ボールを受けても横パスやバックパスが多く、効果的な縦パスを長谷川や田中にあまりつけられなかった。その経験は確かに貴重だが、果たして熊谷のアンカー起用にこだわるべきなのか。  

 展開力で判断するなら、断然、谷川のほうが良い。谷川の経験不足が懸念となるなら、林でもいい。  

 2月28日の国立での第2戦、池田監督はどんなオーダーを組むのか。

 失礼を承知で言わせてもらうなら、18歳の谷川に“運命の鍵”を委ねるべき。アンカー熊谷は限界ではないのか。ここで谷川を起用してチームの勝利を体感できれば谷川自身にとって大きな財産になるし、世代交代を推し進めることもできる。

 いずれにしても、左サイドの最適解が見当たらない中でせめてアンカーの改善は図るべきだ。

文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【厳選ショット】急遽のサウジ開催・気温31度など苦しい試合はスコアレスで国立の第2戦へ!|女子五輪最終予選 第1戦 北朝鮮女子0-0日本女子

頼みの長谷川唯も孤立状態。北朝鮮戦は引き分けで御の字のゲームだった【なでしこジャパン/コラム】

北朝鮮に苦戦のなでしこJ。劣勢の時間長く、熊谷紗希も反省「自分たちがプレッシャーをかけられず、マッチアップできなかった」
【関連記事】
代替地で北朝鮮にドロー...なでしこJの歯車を狂わせた要因は? 目に見える不安材料は左サイドからの攻撃。ピースを効果的にはめ合わせたい
頼みの長谷川唯も孤立状態。北朝鮮戦は引き分けで御の字のゲームだった【なでしこジャパン/コラム】
北朝鮮の警戒すべきポイントは? なでしこ植木理子は「相手の戦い方を理解できた」とサウジでの第1戦で収穫
「両国は膠着状態に陥った」日本と北朝鮮が中立地サウジで対峙した大一番をAFC公式がレポート!「次は大観衆が待ち受ける国立だ」【パリ五輪予選】
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」【2023総集編】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ