【J2採点&寸評】今季4度目の「1-0」でC大阪が4連勝! 最高評価は決勝点をアシストしたソウザの「7.5」

カテゴリ:Jリーグ

嶋 守生

2016年03月21日

山形――首位チーム相手に引かずに立ち向かい、左サイドから切り崩す。

【警告】山形=山田(28分)、栗山(81分)、松岡(85分)、アルセウ(88分) C大阪=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ソウザ(C大阪)

画像を見る

山形は佐藤らを軸にゴールへの糸口を探ったが、ついにゴールを奪い切れなかった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
山形 6
 C大阪相手に守備で引かずに立ち向かい、高い位置でボールを奪うサッカーを90分間展開するも敗戦。気迫のこもった好ゲームを演出したが失点時の対応が悔やまれた。中盤の圧力やバイタルからサイドまでの攻撃の質では引けを取っていないが、肝心のボックス内で阻まれることが多かった。
 
C大阪 6.5
攻撃陣がフィットしきれていないのか、ミスからプレスの網にかかる回数も多かったが、堅い守備がチームを支え、3連勝の勢いで勝利をもぎ取る。シーズン開幕前の予想を良い意味で覆す「ウノゼロ」ゲームを演じ続けている。
 
【J2 PHOTOハイライト】4節 山形 0-1 C大阪
 
【山形|採点・寸評】
GK
1 山岸範宏 6
セーフティなプレーもあったが、試合を落ち着かせてゆっくり進めた。86分のFKも落ち着いて対応。
 
DF
4 宇佐美宏和 6
ブルーノ・メネゲウや柿谷などに集中した対応を見せる。1対1の突破はほとんど許さなかった。失点シーンの弱いクリアが悔やまれる。
 
3 渡辺広大 6
最終ラインは少し低めながら、前線に入るボールに冷静かつ力強く対応。ただ、失点の場面では田代を捕まえきれなかった。
 
13 石川竜也 6
カットからオーバーラップしてチャンスメイクするなど好調なプレーを見せたが、前半で無念の負傷交代。

MF
6 山田拓巳 6.5
タイミングを見たオーバーラップでサイドハーフの裏を突いて高めのポジションを取る。後半にディエゴの決定機を演出。
 
5 アルセウ 6.5
前半にパスのズレが目立ったものの後半に修正。中盤でフィジカルの強さを見せて守備を引き締めた。
 
16 佐藤優平 6
縦に良いパス出したり川西と時間を作ったりリズムが良い。後半負傷交代が惜しまれた。
 
24 荒堀謙次 6.5
左サイドの攻撃の起点となり、クロスや突破で左から崩しきった。クロスの質も高く今後の期待をもたせた。
 
18 川西翔太 6
ボランチと最終ラインのギャップでボールを受けて中央で組み立てに参加。前を向いた時のアタックでもう少し仕事をしたい。
 
11 ディエゴ 6.5
前半はミスから奪われてカウンターを受けたが、後半は攻撃の中心に。53分のチャンスを決めてヒーローになりたかった。
 
FW
33 大黒将志 6
山下、茂庭のCBに挟まれながらもボールを収めていた。チェイシングを含めチームにフィットしたが、厳しいマークにシュートは0に終わる。
 
交代出場
DF
15 栗山直樹 5
石川のピンチヒッターで前半途中から出場。しかし何度も裏を取られてピンチを招くことが多かった。
 
MF
7 松岡亮輔 5.5
15年7月以来の公式戦復帰。守備でバランス取れたがソウザに対する対応から失点につながった。
 
FW
8 林 陵平 -
勝負を決める役割で投入されるも、チャンスにつながる効果的なボールは入って来なかった。
 
監督
石﨑信弘 5.5
ファイトする姿勢を持たせて、首位チーム相手にも渡り合えたが、石川と佐藤の怪我が響き、肝心の勝点3を奪うにはゴールが遠かった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ