• トップ
  • ニュース一覧
  • 「今日も狂っている」顔面セーブ→かかとで止める! 韓国守護神の驚愕セーブ連発に母国ファン絶賛!「ただの神」「すべて阻止する」【アジア杯】

「今日も狂っている」顔面セーブ→かかとで止める! 韓国守護神の驚愕セーブ連発に母国ファン絶賛!「ただの神」「すべて阻止する」【アジア杯】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月07日

「すぐに立ち上がってボールを最後まで見る」

韓国のゴールマウスを守るチョ・ヒョヌ。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 決死のセーブだ。

 韓国代表は現地2月6日、カタールで開催されているアジアカップの準決勝でヨルダン代表と対戦している。

 立ち上がりからヨルダンがペースを掴み、韓国は劣勢を強いられる。何度もピンチを迎えるが、GKチョ・ヒョヌのファインセーブで凌ぐ。

 極めつけは42分だ。左サイドのニアゾーンをヨルダンのアル・ナイマットに突破され、至近距離の鋭いシュートを見舞われる。これをチョ・ヒョヌは果敢に前に出て、顔面で防ぐ。そのあとのシュートもかかとで止める。
【動画】韓国GKチョ・ヒョヌの圧巻セーブ×2
 このプレーに韓国ファンも感嘆。「今日も狂っている」「ただの神」「すぐに立ち上がってボールを最後まで見る」「すべて阻止する」といった声があがっている。

 試合は0-0のスコアレスで折り返した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】十分に回避できたイラン戦のPK献上。だがそれ以上に問題だったのは...三笘は孤立、久保&前田を交代させた対価は得られなかった【アジア杯】
 
【関連記事】
「日本は本気だったのか?」「全くの予想外」森保Jの8強敗退に現地海外記者も驚き。「アジアで最高のチームなのに、メンタリティはそれほどでもなかった」【現地発】
【森保ジャパン26選手の通信簿】まさかのベスト8敗退。A評価は2人にしか与えられない。“最低のD”だった3人は?[現地発]
十分に回避できたイラン戦のPK献上。だがそれ以上に問題だったのは...三笘は孤立、久保&前田を交代させた対価は得られなかった【アジア杯】
「正直、もう選手がどうこう言えるレベルじゃない」堂安律が伊東純也の離脱に見解「意見が全て通るとも思ってなかった」【現地発】
「決勝で日韓戦が見たかった」なぜ“ライバル”韓国の記者が森保Jの敗退を嘆くのか。「日本は危機に陥った時に修正する能力が低かった」【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ