【なでしこジャパン】退任決定の佐々木監督がこれまでの11年を振り返る。「僕にとって宝物の日々」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2016年03月18日

「今後に関しては真っ白な状況です」

リオ五輪出場を逃し、3月10日付けで退任を発表していた佐々木監督。女子サッカーに関わった11年を振り返った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 3月18日、既になでしこジャパンの監督を退任することを発表していた佐々木則夫監督が会見に臨んだ。
 
 佐々木監督は2008年になでしこジャパンの監督に就任すると、08年の北京五輪ではチームを4位に導き、11年のドイツ・ワールドカップでは優勝を成し遂げた。その後も12年のロンドン五輪での銀メダル、15年のカナダ・ワールドカップでの準優勝と数々の輝かしい成績を残した。
 
 しかし先のリオ五輪最終予選では2勝1分2敗の3位に終わり、本大会の出場権を逃し、3月10日付けで監督の座を退くことを発表していた。
 
 佐々木監督は冒頭、「女子サッカーに関わって11年、監督として9年、これまである程度の結果を出すことができ、満足した日々を過ごせました。この11年は僕の宝物として、次のステージにつなげていきたいです」とコメント。
 
 なでしこジャパンを率いた日々に関しては「よく周りの方から男性が女性を指揮するのは大変だろうと言われましたが、選手たちは全員、志が高く、男性を指導するのとは変わらなかったです。特別に鎧を着て肩肘を張って指導したことはなかったです。ですので、大変だったことは少ないです」と振り返った。
 
 今後については「今は真っ白な状況です。なにをこれからとは今は考えていません。少し時間をおいて、僕が選択できる幅があるか分かりませんが、女子サッカー、サッカー界には寄与したいと思います」と語った。
 
 なお、なでしこジャパンの新監督は未定となっている。
 

退任会見後のフォトセッションでは、大仁会長と笑顔でフレームに収まった。去り際には「これからもなでしこをお願いします!」とメッセージを送った。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】なでしこジャパンの悲しい末路を、ハリルジャパンが辿らなければいいが…
退任する「なでしこ」佐々木監督が明かした宝物にしたい試合はW杯決勝でも、五輪決勝でもなく…
【なでしこ】岩渕真奈の覚悟。憧れの「大好きな先輩」からバトンは受け継がれた
【なでしこ】「女子サッカーは終わらない」――。最後まで戦い抜いたキャプテンが送ったメッセージ
【なでしこ採点&寸評】予選5試合での全20選手の評価は? 最高点は「6.25」の岩渕。失点を重ねた守備陣は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ