• トップ
  • ニュース一覧
  • 「絶対にサボらない」“守備の要”冨安健洋が称賛した日本代表戦士は?「攻撃のクオリティがあると見られがちですけど...」【アジア杯】

「絶対にサボらない」“守備の要”冨安健洋が称賛した日本代表戦士は?「攻撃のクオリティがあると見られがちですけど...」【アジア杯】

カテゴリ:日本代表

江國森(サッカーダイジェストWeb編集部/現地特派)

2024年01月25日

インドネシアに3-1で快勝

CBとして圧巻のプレーを見せた冨安。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

[アジアカップ グループステージ第3節]日本 3-1 インドネシア/1月24日/アルトゥマーマ・スタジアム

 日本代表は1月24日に行なわれたアジアカップのグループステージ第3節で、インドネシア代表と対戦。3-1で快勝を収め、2位でのグループステージ突破を決めた。

 開始6分に上田綺世のPKで先制した日本が、鮮やかなカウンターで追加点を奪ったのが52分だ。

 冨安健洋がダイレクトで出した縦パスを受けた堂安がハーフウェイライン手前からドリブルで持ち込み、左サイドの中村敬斗へ一旦パス。そしてその中村の大外を回ってリターンを受け、グラウンダーで送り込んだボールをファーサイドいた上田が右足で流し込んだ。

 この場面について、起点となった冨安は、「律が守備の時にあそこにいたっていうことは(全体が)コンパクトだったからだと思う。あそこで守備をサボって遠いとこにいたら、間違いなく律はフリーになってない」と解説。ナンバー10の献身性を称えている。

【動画】冨安のダイレクトパスが起点→堂安の絶妙アシストから上田が2点目を奪取
「そういう意味では守備と攻撃っていうのは間違いなく繋がっていて。律は攻撃のクオリティがあると見られがちですけど、(守備を)絶対にサボらない。守備の時も正しい位置をとっているからこそ、攻撃の時にあそこでフリーになれるというところはある。それが得点に繋がってよかったです」

 1アシストを含む2点に関与した堂安は、守備の要である冨安が称えたように、献身性も際立っていた。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部/現地特派)

【PHOTO】日本代表のインドネシア戦出場16選手&監督の採点・寸評。5人が7点台の高評価。全得点に絡んだ9番をMOMに選出
 
【関連記事】
【日本3-1インドネシア|採点&寸評】初先発組が攻守に躍動!5人が7点台の高評価。“ほぼハット”でMOMの上田と並ぶ最高評価は?
「試練を与えて...」なぜ指揮官は若きGK鈴木彩艶を3戦連続で先発起用した?「経験のある前川を起用する選択肢もあった」【アジア杯】
【セルジオ越後】攻撃も守備も不十分。インドネシア戦の戦いぶりを見るかぎり、優勝候補と言われる国には勝てないだろうね【アジア杯】
「僕だったら絶対できない」久保建英が驚嘆した森保Jのチームメイトは?「安心して見ていられる」【アジア杯】
「日本守備の正体を見た」「優勝候補と言える?」決勝T進出も森保ジャパンの“3戦連続失点”を韓国メディアが注視!「強い違和感が残った」【アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ