• トップ
  • ニュース一覧
  • 世界への扉を開く『NIKE MOST WANTED』。履正社高校の西村光明と尚志高校の高梨起生が「日本代表」に!

世界への扉を開く『NIKE MOST WANTED』。履正社高校の西村光明と尚志高校の高梨起生が「日本代表」に!

カテゴリ:高校・ユース・その他

白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)

2016年03月13日

選出された2人はいずれも技術と闘争心を兼備。

横浜みなとみらいスポーツパーツで開催された『NIKE MOST WANTED』の「ジャパン ファイナル」。全国から集結した36名が凌ぎを削った。

画像を見る

元日本代表で現在はJクラブでスカウトを務める山田暢久氏(左)や長谷川祥之氏(右)など、「プロ」が選考を担当した。

画像を見る

 3月12~13日、横浜みなとみらいスポーツパークで『NIKE MOST WANTED』の「ジャパン ファイナル」が開催された。
 
 同セレクションは20歳以下の選手の中から隠れた才能を発掘する世界規模のスカウトプロジェクトで、2010年のスタート以来(2012年までの名称は『NIKE CHANCE』)、トム・ロジッチ(セルティック/オーストラリア代表)やデイビッド・アッカム(シカゴ・ファイア/ガーナ代表)、イスマイル・ハマイダト(アスコリ/モロッコU-23代表)など全世界で40名以上のプロフットボーラーを輩出している。
 
 日本予選の最終選考会である「ジャパン ファイナル」には、1次選考に当たる「キックオフ セレクション」、「関東セレクション」、「関西セレクション」を通過した20名に加えて、ナイキスカウトによって選抜された「シード選手」の14名、さらに3月12日午前中の「ラストチャンス」を勝ち抜いた2名の計36名が参加。2015年度の全国高校選手権優秀選手のGK寺尾凌(市立船橋高校)をはじめ、同選手権得点王のFW村上光樹(帝京第三高校)、2015年度高校総体優秀選手のMF高梨起生(尚志高校)やFW西村光明(履正社高校)やFW和田幸之佑(久我山高校)、2015年度関西プリンスリーグ得点王のFW大久保優(東山高校)など、全国レベルの猛者が集結した。
 
 スペイン人のイヴァン・ピニョール(ナイキスカウト)をはじめ、長谷川祥之氏(鹿島アントラーズ 強化部スカウト)、村山哲也氏(サンフレッチェ広島 強化部スカウト)、山田暢久氏(浦和レッズ 強化部スカウト)などの選考委員が見守る中、3月12日午後は、6対6、11対11などを実際。翌13日午前中からは36名を3チームに分けて11対11の30分総当たりゲームを行なった。そして、この段階で10名が落選し、最後に26名を2チームに分けて11対11の40分1本マッチを開催した。
 
 結果、見事に日本代表に選出されたのは、西村光明(履正社高校→鹿屋体育大学)と高梨起生(尚志高校→流通経済大学)という高校3年生の2名。イヴァン・コーチは選考理由を次のように語った。
 
「2人とも技術などの才能、そして闘う姿勢を兼備していました。西村はクイックネス、パワー、そしてシュートの正確性を備え、関西セレクションと同じく今回も大きなインパクトを放ちました。高梨はチームのために自分を犠牲にできる献身性、攻守における判断力、パスの展開力などを評価しました。2人とも世界で戦える素材だと思います」
 
 西村と高梨は、今年4月にパリで開催される世界最終予選「グローバル ファイナル」に日本代表として参加。この「グローバル ファイナル」の勝者は、イングランドに本拠を置くプロ養成機関、『ナイキアカデミー』に入寮し、世界トップクラスの施設、コーチ陣、スタッフなどの下で半年間に渡ってエリート・トレーニングを受ける権利を得る。
 
 エデン・アザール、ネイマール、リオネル・メッシなどのドリブラーが憧れだという西村は、「自分の持ち味であるドリブルで相手の嫌がるプレーができたし、意識していた攻守の切り替えもある程度はできました。今回はなかなかないチャンスなので、プロになる夢を叶えるために全力で頑張ります」とコメント。一方、アンドレス・イニエスタやグディなどのプレーメーカーが目標だという高梨は、「(普段のトップ下やサイドハーフではなく)ボランチでも自分なりのプレーができたし、何より楽しめました。絶対にプロになりたいので、この大きなチャンスで自分をアピールしたいです」と意気込みを語った。
 
 前年度は渡邊凌磨(前橋育英高校→早稲田大学)が、日本人としてはじめて「グローバル ファイナル」の勝者に。渡邊はその後、練習参加を経てドイツのインゴルシュタットU-23と契約を結び、『ナイキアカデミー』に入寮する前にプロの世界に飛び込んだ。イヴァン・コーチが「グローバル ファイナルではメンタル的にもフィジカル的にももっと“強さ”が不可欠になる」と語った通り、世界中から選手が集結してインテンシティーの高い戦いが繰り広げられる「グローバル ファイナル」では、心身のフィジカルが大きな鍵を握る。
 
 はたして、西村と高梨は、世界の舞台でいかなるパフォーマンスを見せるのか。要注目だ。
 
取材・文:白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)

「日本代表」に選出された西村(左)と高梨(右)。2人は今年4月にパリで開催される「グローバル ファイナル」に挑む。

画像を見る

【関連記事】
現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「香川はこの夏の移籍を考えているのではないか?」
ミラン番記者の現地発・本田圭佑「急浮上した契約延長の可能性。逆に破談ならクラブは今夏の売却を視野に入れるはずだ」
【リーガ現地コラム】バルサの「MSN」は自らの年間最多得点記録を超えられるか?
【鹿島】敗戦によって改めて証明された“10番”柴崎岳の存在意義
【今日の誕生日】3月13日/勝敗をも左右した偉大な汗かき役――ダービッツ
ELトッテナム戦で終盤投入だった香川真司「ライバルに負けないようにアピールしたい。勝ち抜くしかない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ