【なでしこ】盛り上げ役の岩清水が語った「敗因」と「重圧」と「決意」

カテゴリ:日本代表

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年03月06日

「暗い雰囲気になりがちだけど、下を向き始めたら終わり」

暗い雰囲気になりがちなチームを立て直そうと、岩清水は大野(左)とともに「盛り上げ役」を買って出た。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 中国戦翌日のトレーニング開始前、岩清水梓は大野忍らと時折じゃれ合いながら、チームメイトの笑顔を誘った。前日ホテルに帰るバスの中は、気持ちの切り替えが追い付かず、敗戦のショックに沈む雰囲気もあったという。自身は出場機会がなく、悔しさもあったはずだが、五輪出場が絶望的となったチームを盛り上げようと、立ち上がったのだ。
 
「暗い雰囲気になりがちですが、下を向き始めたら終わりです。無理やりじゃないですけど、大野選手や有吉選手たちとともに、試合に出ていない私たちが元気を出して盛り上げられればと思いました。このチームには経験のある選手がいますから」
 
 中国戦の選手たちは、岩清水の目にはどのように映っていたのか。「出場権獲得への負けられない気持ちは出ていた」と感じながらも、やはり向かってくる相手に対して、ピッチ上でのアジャストが追い付いていなかった点を指摘する。
 
「もちろん、気持ちの入っていない選手はいません。でも、今ひとつ人と人の距離が遠かったり、ボールを奪い切れなかったり……。相手の嫌がることができればいいんですけど、なかなか試合中に変えられないのが現実。ピッチの中で判断して、もう少し引き出しを持たせられれば良かったのかなと思います」
 
 日本開催のプレッシャーが囁かれるなか、オーストラリア戦では少なからず重圧があったことを認める。その初戦の経験を踏まえたうえで、岩清水は「気負い過ぎてはいけない」と持論を展開する。
 
「日本開催による過度の緊張で、視野が狭まったり、ビルドアップにミスが出たり、チャレンジしない局面があったかもしれない。相手のプレッシャーの中で戦うには、まずは自分たちの力を出さないと結果は付いて来ない。本当は、過度の緊張は必要ないのかもしれないなと」
 
 守備に目を向けると、日本は3試合を終えて一度も無失点の試合がない。6失点のうち、4失点がクロス、ないしはサイドチェンジから喫したもの。「なにがなんでも守らないといけない」とゴールを死守する構えだ。
 
「クロスが課題だと言われて、やられてしまっているのが現実。ただ、『クロスが弱いです』で終わらせるわけにはいかない。それぞれが責任を持って、守るしかない。残念な気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、あと2戦残っている。今まで応援してくれた方々がいるので恩返ししたいし、見てくれている後輩たちのためにも手本になれるようなプレーを多くしたい」
 
 そして岩清水は、「少しでも笑顔でいられるように試合をしたいですね」と言葉を続けた。今のなでしこジャパンは、厳しい現実を突き付けられて、本来の輝きを失っている。チーム一丸となって戦い、喜びを分かち合う――。

 2011年のワールドカップ優勝以降、多くの人々の心を打ってきた“なでしこらしさ”を取り戻せるか。それができた時、歓喜の輪の中には笑顔の岩清水の姿があるはずだ。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)
 

もちろん、自身が出場した時のイメージも膨らませ、「クロスが弱いです、とは言ってられない」「少しでも笑顔でいられるように試合をしたい」と語った。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ