【ACL】FC東京が格下に辛勝。カウンターで先制されるも、後半の3ゴールで連敗を止める

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年03月01日

N・バーンズで追いつき、セットプレーで2点を追加。

【警告】FC東京=なし ビンズオン=ブイ・タン・チュオン(69分)、アウ・バン・ホアン(76分)、グエン・アイン・ドゥック(83分)
【退場】なし

画像を見る

 ACLのグループステージ第2戦が3月1日、各地で行なわれた。19時30分キックオフのゲームでは、FC東京がベトナムのビンズオンをホームに迎え撃った。

 公式戦2連敗中のFC東京は、サンダサやN・バーンズを先発起用し、2月27日のJ1開幕戦から6人のスタメンを入れ替えて挑んだ。

 試合は、立ち上がりからFC東京がボールをキープして攻め込み、ビンズオンが守勢に回る展開が続く。しかし、そうした試合の流れに反して、FC東京はビンズオンに先制された。24分、水沼が中盤でボールを奪われてカウンターを受け、最後はグエン・アイン・ドゥックに押し込まれた。

 まさかの先制点を喫したFC東京はしかし、その後も主導権を握って攻撃を仕掛けた。だが、サンダサの決定的なシュートがポストを叩くなど、ゴールを奪えないままハーフタイムを迎えた。

 後半も前半と同じく、FC東京が高いポゼッション率を活かして攻め込む展開が続く。そして、50分。左からのクロスをサンダサがヘッドで落とし、エリア内に走り込んだN・バーンズがボレーで同点弾を沈めた。

 さらにFC東京は、67分に阿部がPKを獲得。キッカーを任されたサンダサのシュートは相手GKにセーブされたが、その流れで得たCKのチャンスで逆転ゴールを奪う。

 小川のCKに反応した東がGKに競りかけると、GKがパンチングをミス。クロスがGKの頭に当たって、そのままゴールに吸い込まれた。
 
 84分にもCKから追加点を挙げたFC東京は、そのまま3-1で勝利。セットプレーから危うく失点しそうな場面も迎えるなど、パフォーマンスは不安定だったが、逆転で勝点3をものにした。

パワフルなプレーで存在感を示したサンダサ。PKを外したのは痛恨だが、打点の高いヘッドでN・バーンズの同点弾をアシストした。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【関連記事】
【FC東京】相手の手の平で転がされて…。「こういう展開が一番嫌」(森重)。
【J1採点&寸評】FC東京×大宮|一発のカウンターに沈む。“勝負弱い”FC東京はなんら変わっていない
【ACL】全北現代 2-1 FC東京|阿部の追撃弾も及ばず…。ここ一番の決定力でKリーグ王者に屈す
ミラン番記者の現地発・本田圭佑「今のケイスケはチーム、監督、サポーターに“安心”を与えている」
【J2採点&寸評】1節・全11カードを現地取材記者が採点! 巻き返しを期す東京V、初陣・山口の評価は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ