• トップ
  • ニュース一覧
  • 「アジア最下位とは衝撃だ」U-17韓国代表、3戦全敗でW杯敗退に母国メディアも愕然!「インドネシアより勝点を得られず」

「アジア最下位とは衝撃だ」U-17韓国代表、3戦全敗でW杯敗退に母国メディアも愕然!「インドネシアより勝点を得られず」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年11月19日

アメリカ、フランス、ブルキナファソに敗北

3連敗で大会を去ったU-17韓国代表。(C)Getty Images

画像を見る

 11月18日、インドネシアで開催されているU-17ワールドカップのグループステージ第3戦で、U-17韓国代表がブルキナファソ代表と対戦。アメリカ(1-3)、フランス(0-1)に連敗し、他グループの結果によってキックオフ時点でグループステージ敗退が決定していたなか、1-2で敗れた。

 同国史上初の3戦全敗に韓国メディアも嘆き節だ。『スポーツ韓国』は「インドネシアよりも勝点を得られず。U-17韓国代表は“最下位”で脱落した」と題した記事を掲載。次のように伝えている。

「開催国とはいえ、インドネシアが2分け1敗でA組3位となった。残りのアジアチームは同じ3位でも16強に進出した。しかし韓国だけが、3戦戦敗でベスト16進出が頓挫した。U-17W杯に参加したアジア5チームの中で最も低調な成績となった」

【動画】3戦4発!U-17日本代表の高岡がセネガル戦で決めた圧巻の2ゴール!
 同メディアは、「今回のU-17W杯にアジアには5つの出場権が与えられた。A組のインドネシアが2分け1敗で3位、B組のウズベキスタンが1勝1分け1敗で3位、C組のイランが2勝1敗で3位、D組の日本が2勝1敗で3位。インドネシアを除いた残りの国々は3位であっても16強に上がった」と綴り、こう悲嘆している。

「韓国は3戦全敗という最悪の成績で、アジアで唯一のグループステージ4位であり、勝点0にとどまった。いくらU-17代表とはいえ、インドネシアよりも成績が悪く、アジア最下位になったのは韓国サッカーの衝撃だ」

 下馬評は低くなかっただけに、思わぬ結果に愕然としているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「もうアジアなど眼中にない」アルゼンチンを5発粉砕の大岩ジャパンに中国衝撃!「本当にヤバい、W杯優勝はもはや空論ではない」「日本に勝てる国はどこだ?」

なぜU-17日本は“死の組”を突破できたのか。強豪国との対戦で深めた自信、気づかされた自分たちの本当の実力【U-17W杯】

「活躍すればいいけど賭け」「賛否ある」内田篤人、高校卒業→Jを経由せずに海外挑戦の風潮に見解「宮市も言ってたけど...」 
 
【関連記事】
「もうアジアなど眼中にない」アルゼンチンを5発粉砕の大岩ジャパンに中国衝撃!「本当にヤバい、W杯優勝はもはや空論ではない」「日本に勝てる国はどこだ?」
「怖い」「本当に凄い」“7連勝・29発”の森保ジャパンに韓国脱帽!「こんなアジアのチームはなかった」シリア戦の展望も「最近の勢いなら前進は続く」
なぜU-17日本は“死の組”を突破できたのか。強豪国との対戦で深めた自信、気づかされた自分たちの本当の実力【U-17W杯】
「クボ君は気を引き締め直さないと」元日本代表が苦言を呈した久保建英のワンプレー「ちょっといただけない」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ