• トップ
  • ニュース一覧
  • なんとも言えない美しい一撃も、東京Vは自動昇格ならず。それでも前半の劣勢をはねのけて掴んだ勝利は追い風になる【コラム】

なんとも言えない美しい一撃も、東京Vは自動昇格ならず。それでも前半の劣勢をはねのけて掴んだ勝利は追い風になる【コラム】

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2023年11月12日

前半はストレスが溜まる展開だった

東京Vの森田は先制点をアシスト。守備の局面でも良い仕事をしていた。写真:J.LEAGUE

画像を見る

 2023年11月12日、東京Vが大宮とのアウェーゲームに臨んだ。他会場の結果次第(水戸対清水、栃木対磐田)でJ1昇格が見えてくる試合で、アウェーチームは4-4-2システムを採用。同じフォーメーションの大宮にミラーゲームを挑む形になった。

 立ち上がりから攻めの意識は感じられるも、崩しの局面でのパスミスが目立って好機を作れない。なかなかリズムを掴めない中で14分に決定機を与えるなど、やや不安定なゲーム運びだった。

 そんな展開の中で2トップの一角を任された染野が奮闘。23分に際どいへディグシュートを放つと、その1分後にはペナルティエリアの手前で相手のファウルを誘うが、その働きも試合の流れを大きく変えるまでの効果はなかった。

 ボールを保持する時間帯がありながらもペースを握れない。大宮のタイトな守備に手を焼いた前半は、東京Vのファン・サポーターにとってストレスが溜まる展開だったのではないか。  

 0-0で迎えた後半も最初の時間帯は効果的なパスが繋がらない。ボランチの一角でキャプテンの森田が中盤の底からボールを動かそうとしても、パスコースがかなり限定され…。敵の守備網を切り裂くような縦パスは皆無だった。
 
 しかし、59分、CBの林と左サイドハーフの加藤に代えてそれぞれ平と綱島を投入すると、63分、速攻から森田の折り返しに反応した綱島が待望の先制ゴール。後半に初めて訪れた決定機をモノにした。

 今季の東京Vは守備が堅く、この試合でも崩される気配はほとんどない。それだけに、先制点の持つ意味は大きかった。

 リードしてゆとりが出たのか、テンポよく縦パスが入るようになると、78分にリズミカルな攻撃から最後は中原の個人技で追加点。なんとも言えなく美しい一撃で、東京Vは2−0とリードを広げた。

 残念ながら自動昇格は叶わなかったが(東京Vは3位)、前半の劣勢をはねのけて掴んだ勝利は昇格プレーオフに向けて追い風になるはずだ。実際、森田はこう言っていた。

「3位になれたアドバンテージは大きい」

 ちなみに、東京Vは昇格プレーオフ1回戦で千葉と戦う。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【日本代表の最新序列】三笘、久保、伊東の2列目がついに実現か。板倉を欠くCBは...

「活躍すればいいけど賭け」「賛否ある」内田篤人、高校卒業→Jを経由せずに海外挑戦の風潮に見解「宮市も言ってたけど...」

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
【関連記事】
なぜ久保建英はPKを蹴れなかったのか。キッカー2人が不在でボールを持つも...指揮官が顛末を明かす「何の疑いもない」
「J1に上がる準備をしましょう」城福監督が敗れてなお、その想いを膨らませた特別な一戦が…【東京V】
「昔と今では選手も違う」「転換期を作らないとジリ貧になってしまう」城福浩監督が“新しいヴェルディ”に懸ける想い【東京V】
【日本代表の最新序列】三笘、久保、伊東の2列目がついに実現か。板倉を欠くCBは...
日本代表、ヘントの26歳DF渡辺剛を追加招集!ベルギー1部で全試合フル出場、4年ぶりの復帰

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ