【J1】昇格組の磐田、福岡は惜敗。いずれも相手エースの高さが脅威に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年02月27日

磐田は序盤から流れを掴むもののシモビッチの一発に沈む!

開幕戦でリーグ戦初ゴールを決めたシモビッチ。高さという強みを見せつけた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2月27日にJ1リーグが開幕。14時キックオフの3試合のうち、今季昇格組の磐田と福岡はいずれも1点差で敗れた。
 
 名波監督がJ1での初采配となる磐田は、名古屋と対戦した。立ち上がりから「アクションサッカー」を掲げる磐田が積極的な守備とテンポの良いボール回しでゲームを支配する。しかし、先制したのは劣勢に回っていた名古屋だった。29分、今季新加入のスウェーデン人FWのシモビッチが矢野からのクロスを豪快に頭で叩き込み、先制点を奪う。
 
 その後も磐田は小林のミドルなどでゴールを脅かすものの、得点が奪えず敗戦。3シーズンぶりのJ1での初戦は、黒星となった。
 
 一方の福岡は、同じ九州の鳥栖と対戦。福岡は立ち上がりの8分に手痛い先制パンチを食らう。鳥栖の攻勢に後手に回った福岡は、左サイドからの吉田のクロスにニアサイドに入り込んだ豊田に頭で合わせられ、先制点を許してしまう。さらに51分にはキム・ミヌからのスルーパスに抜け出した岡田に追加点を奪われ、2点のビハインドとなった。
 
 福岡の反撃は71分、CKからウェリントンがヘディングシュートで押し込み、1-2と追い上げる。終盤も途中出場の坂田、平井らを中心に猛攻を仕掛けるが及ばず。J1復帰の初陣を勝利で飾ることはできなかった。
 
【関連記事】
【名古屋】新加入シモビッチが初ゴール! 高さを活かしてヘディングを叩き込む
【J1】2016年ファーストゴールは豊田陽平! 続いてシモビッチ!! いずれもヘディングシュートが炸裂!!
【J1】R・シルバのゴールで新潟が先制! 柏対浦和は0-0で前半を折り返す
【ついに開幕!】J1のクラブ別展望、全試合マッチプレビュー、解説者&識者の順位予想を「総まとめ」
【2.27 Jリーグ開幕】J人気回復の切り札になり得る“ビッグ6”の存在

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ