• トップ
  • ニュース一覧
  • 「歴史的な夜に圧巻の活躍」52年前は欧州王者と英4部。名門アヤックス撃破に貢献した三笘薫をブライトン番記者が激賞!「スタジアムが大いに沸いた」プレーとは?【現地発】

「歴史的な夜に圧巻の活躍」52年前は欧州王者と英4部。名門アヤックス撃破に貢献した三笘薫をブライトン番記者が激賞!「スタジアムが大いに沸いた」プレーとは?【現地発】

カテゴリ:海外日本人

リッチー・ミルズ

2023年10月29日

序盤からアヤックスの右サイドを強襲

ELのアヤックス戦で躍動した三笘。(C)Getty Images

画像を見る

 アヤックスに2-0と快勝したブライトンが、クラブ史上初となる欧州カップ戦での初勝利を記録。初出場のヨーロッパリーグ(EL)でグループリーグ突破の夢をつないだ。

 三笘薫のクリニカルな左ウィングからのプレーの“恩恵を受けた”ジョアオ・ペドロが本大会で3戦連続4得点目を決めて先制、後半にはアンス・ファティが追加点を挙げて勝利を掴んだ。

 ボール支配率は64パーセント、総シュート数は16本だったが、これらの数字以上にシーガルズ(ブライトンの愛称)がオランダの名門クラブを圧倒した。これで勝点を4に伸ばして、グループ首位のマルセイユに1ポイント差まで迫っている。

 そんな歴史的な夜に、攻撃の中心として圧巻の活躍したのが三笘だった。先週末マンチェスター・シティ戦での敗戦のうっ憤を払うべく、序盤からアヤックスの右サイドを強襲していった。

 前半6分。敵陣の深い位置でボールを持つと、コーナーフラッグ近くに追い込まれた。しかし敵の右サイドバック、アントン・ガーエイの一瞬の隙を突いて鮮やかなターンで抜き去っていく。ボックス内に侵入し、すかさずマイナスのパスを中央のペドロに送り込んだが、この絶好のボールをブラジル人フォワードは沈められなかった。

 アヤックス相手に、同クラブのレジェンドで、オランダが誇る伝説の名フットボーラーのヨアン・クライフの名前にちなんだ技、「クライフターン」を披露してスタジアムは大いに沸いた。
 
 その後も、対峙したデンマーク出身の20歳の有望株を苦しめ続ける。20分には、左サイドでボールを受け、ペナルティーエリア内に走りこんだジェームズ・ミルナーへ絶妙のタイミングでパス。だがミルナーのシュートは敵ゴールキーパー、ディアント・ラマジの正面に飛び、簡単にセーブされてしまう。

 直後の22分には、左サイドからカットインした三笘のシュートフェイント後のトラップが大きくなり、そのルーズボールを相手ミッドフィールダー、スティーブン・ベルハイスに拾われる。26歳の日本代表はボールを取り返しに行くが、ベルハイスを引っ掛けてファウルの判定。ここで珍しくイエローカードを受け、本人は納得いかない様子で顔を曇らせた。

 しかしその3分後。再びテクニカルなプレーでサポーターを喜ばせる。ブライトンのゴールキーパー、ジェイソン・スティールからロングフィードをワントラップで止めてすぐにドリブル。ボックス内にボールを入れたところに、走りこんだペドロが敵のディフェンダーに倒される。PKかと思われたが、ビデオ判定もなくそのままプレーは流された。
 
【関連記事】
「ミトマはトップレベル」「間違いなく重要な選手だ」先制点演出の三笘薫に37歳の“相棒”ミルナーも感嘆!特に評価した点は...
「ミトマがいれば、ブライトンは何でも可能だ」ELで躍動した三笘薫、現地メディアがMVP選出で絶賛!「左サイドで常に脅威」「個人技で輝いた」
「ミトマは尋常じゃない」「過小評価されている」躍動する三笘薫にブライトン指揮官が最大級の賛辞!「サッカー界は彼の価値を理解していない」
「マンUとチェルシーならキャリアアップにならない」7~8のメガクラブが熱視線の三笘薫、最適な新天地は? 地元メディアが見解「完璧に機能する」
「ドクは左に慣れていない。ミトマは...」名将ペップ、“並外れた選手”と絶賛した三笘薫とマンCの超逸材を比較

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ