【ゼロックス杯】広島 3-1 G大阪|寿人、ジャガー、ウタカ弾で広島が今季一冠目!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年02月20日

広島はFW陣が結果を残す。宇佐美に2016年初ゴール!

【警告】広島=佐々木(38分)、ウタカ(88分) G大阪=井手口(45+1分)、丹羽(55分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】佐藤寿人(広島)

画像を見る

 J1リーグ開幕を1週間後に控え、球春到来を告げるゼロックス・スーパーカップが2月20日、日産スタジアムで行なわれ、昨季リーグ王者のサンフレッチェ広島と天皇杯王者のガンバ大阪が激突した。

 広島は、お馴染みの3-4-2-1の布陣で、GK林、DFは左から佐々木、千葉、塩谷、ボランチに青山と森崎和が入り、ウイングバックは左に柏、右にミキッチを起用。2シャドーには柴崎、茶島が入り、1トップは佐藤という顔ぶれ。
 
 一方のG大阪は、4-2-3-1の布陣で、GK東口、最終ラインは左から藤春、今野、丹羽、オ・ジェソク。ダブルボランチは遠藤と井手口のコンビで、2列目は左から宇佐美、アデミウソン、阿部の3人。1トップにはパトリックが起用された。
 
 試合は立ち上がりから一進一退。降りしきる雨に両チームともに悩まされるものの、後方からの堅実なビルドアップで相手のブロックを崩そうとする。序盤は青山、森崎和を軸にサイドを上手く使った広島が主導権を握ったが、G大阪も徐々に球際の強さを見せて押し返し、宇佐美、アデミウソンの個人技からゴールに迫るシーンを作り出していく。
 
 しかし、ともに最終ラインを中心としたディフェンス組織が粘り強く対応し、相手守備を崩しきれない。前半はともに滑るピッチも影響してフィニッシュの精度を欠き、無得点のままハーフタイムに入った。
 
 後半は打って変わって点の奪い合いとなった。口火を切ったのは広島。立ち上がりの51分、右サイドを攻略した広島は、攻撃参加した塩谷のクロスをニアサイドに飛び込んだ佐藤が合わせ、ゴールネットを揺らす。今季はJ1通算最多得点記録の更新を狙う佐藤が、“らしい”ゴールで均衡を破った。
 
 しかし、このゴールの直後、佐藤は太腿の裏に違和感を覚え、53分に浅野と交代してお役御免となった。
 
 すると、今度は投入された浅野が仕事をする。56分、広島は左サイドから柏がクロスを上げると、これを阻止しようとした丹羽のエリア内でのハンドを誘う。ボールは丹羽の顔面を直撃したようにも見えたが、主審の判定はPK。浅野が難なくこれを沈めた。
 
 あっという間に2点をリードされたG大阪は、59分に倉田、長沢を投入して反撃。67分にはカウンターから右サイドを突いた阿部からのクロスに宇佐美がヘディングで合わせて1点を返す。G大阪が2-1と追撃する。宇佐美はプレシーズンを通じて初ゴールとなった。
 
 しかしG大阪の追い上げムードも束の間、73分、CKから途中出場のP・ウタカが強烈なボレーシュートを突き刺す。新加入ナイジェリア人ストライカーの挨拶代わりの一発で再び広島が2点をリードする。
 
 その後、G大阪も86分に宇佐美、89分に井手口が決定的なシュートを放つなど広島ゴールに迫るが得点ならず。
 
 試合はこのまま3-1で広島が勝利。今季最初のタイトルを手中に収めた。

 
 

51分に佐藤が、ニアサイドに飛び込んで押し込む鮮やかなゴールで先制点を奪った。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ