【連載】月刊マスコット批評⑧東京ドロンパ――「顔で勝負できる」マスコット

カテゴリ:連載・コラム

宇都宮徹壱

2016年02月10日

しっぽに特徴があるタヌキをモチーフにしたことも大きかった。

顔の部分にも赤と青が自然に織り込まれているドロンパは、グッズの商品開発にも向いているという。写真:宇都宮徹壱

画像を見る

東京ドロンパ(FC東京)
 
■東京ドロンパの評価(5段階)
・愛され度:5.0
・ご当地度:3.5
・パーソナリティ:4.5
・オリジナリティ:4.5
・ストーリー性:4.0
・発展性:4.5

 間もなく開幕するJリーグの新シーズン。個人的に毎年楽しみにしているのが、富士ゼロックススーパーカップの際に発表される、Jリーグマスコット総選挙である。
 
 過去の総選挙を振り返ると、第1回(2013年)が仙台のベガッ太、第2回(2014年)が長崎のヴィヴィくん、第3回(2015年)が広島のサンチェと、いずれも異なるマスコットが栄えあるセンターポジションを獲得している。
 
 J1では、過去4シーズンのうち3シーズンを広島が制しているが、マスコット総選挙はまさに群雄割拠。J2のマスコットにもチャンスがあるので、予想するのは容易ではない。果たして今年、1位を獲得するマスコットは誰か? 私はFC東京の東京ドロンパと予想している。
 
 第1回で6位、第2回で8位、第3回で11位に終わっているドロンパ。それでも私が1位に推す理由は2点ある。すなわち、レギュレーションの変更、そして日程だ。
 
 まず、レギュレーションについて。今回からツイッターによる投票に限定された(前回までは公式サイトで投票ボタンを押す方式)。もともとドロンパは、独自のツイッターアカウントを持っていなかったが、クラブはかなり早い段階でツイッターによる広報活動をしていたので、今回のレギュレーションを活かした戦略的な告知には一日の長がある。
 
 そして日程。FC東京はどのクラブよりも先駆けて公式戦を戦った(2月9日のACLプレーオフ、対チョンブリ戦)。ゆえにマスコット総選挙に対するサポーターの初動も、他と比べて良いスタートダッシュを切ることができるはずだ。
 
 もっとも、そうした条件がなくても、もともとドロンパは完成度の高いマスコットであると感じていた。ドロンパといえば、スタジアムで見せる切れ味鋭いパフォーマンスと細やかな感情表現で人気が高いが、そもそもデザインの企画段階から3D(着ぐるみ)展開とグッズ展開を綿密に計算していた可能性が高い。
 
 当時、FC東京には「マスコットなんかいらねえ!」という硬派なサポーターが一定以上存在しており、クラブ側にとっても「首都のクラブ」というブランドイメージはある意味プレッシャーとなっていたはずだ。文字通り「失敗が許されない」状況下でのマスコット開発。これが結果として、ドロンパの完成度を極限まで高めることにつながった。
 
 これは友人のデザイナーが指摘していたのだが、ドロンパは「顔で勝負できる」マスコットだという。Jクラブのマスコットにはユニフォームを着ているものが多いが、それは動物や鳥類をモチーフにした場合、体毛でクラブカラーを表現するのが難しいからだ。
 
 ゆえに顔の部分で商品開発をしようとすると「どこのクラブか分からない」という状況に陥りがちなのだが、ドロンパは顔の部分にも赤と青が自然に織り込まれている。デザイナーにとっては非常に使い勝手がいいのだという。
 
 これに付言するなら、しっぽに特徴があるタヌキをモチーフにしたことも大きかったと、FC東京サポが愛用している「しっぽ型の青赤ストラップ」を見るたびに私は思うのである。身体能力をフルに活かしたパフォーマンスと、商品展開に優れたデザイン。ポテンシャルは申し分ない。彼に求められるのは、あとはタイトルだけだ。
 
宇都宮徹壱/うつのみや・てついち 1966年、東京都生まれ。97年より国内外で「文化としてのフットボール」をカメラで切り取る活動を展開中。近著に『フットボール百景』(東邦出版)。自称、マスコット評論家。公式メールマガジン『徹マガ』。http://tetsumaga.com/
 
【関連記事】
【連載】月刊マスコット批評⑦「トッキー」――あえてサルを選んだ英断
【連載】霊長類ヒト科サポーター図鑑vol.7「平澤貴」(ベガルタ仙台サポーター)――「絶対に僕らをリオに連れていってくださいね、テグさん!」
【FC東京】東慶悟がクラブリリースを遅らせた理由。「自分のゴールで報告したかった」
【ACLプレーオフ採点&寸評】FC東京 9-0 チョンブリ|早くもエンジン全開の東。新加入の水沼、阿部は及第点
【タマジュンの欧州視察】プレミア天王山で解明された“慎司られない”現象の秘密

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ