• トップ
  • ニュース一覧
  • 【採点寸評|横浜】“連覇”の二文字が遠のく敗戦。2失点に絡んだエドゥアルドは厳しく評価[J1第29節 横浜 0-2 神戸]

【採点寸評|横浜】“連覇”の二文字が遠のく敗戦。2失点に絡んだエドゥアルドは厳しく評価[J1第29節 横浜 0-2 神戸]

カテゴリ:Jリーグ

金子 徹(サッカーダイジェスト編集部)

2023年09月30日

首位神戸との勝点差は「4」

【警告】横浜=角田(62分) 神戸=扇原(32分)、初瀬(61分)、J・パトリッキ(80分)【退場】なし【MAN OF THE MATCH】武藤嘉紀(神戸)

画像を見る

[J1第29節]横浜 0-2 神戸/9月29日/日産スタジアム

 Jリーグは9月29日、J1第29節の3試合を各地で開催。横浜F・マリノスは日産スタジアムでヴィッセル神戸と対戦し、0-2で敗れた。

 横浜は23分、大迫勇也のPKで先制を許す。43分にはCKから武藤嘉紀にヘディングシュートを決められて2失点目。懸命の反撃も実らず、手痛い敗戦を喫した。
【PHOTO】横浜の出場15選手&監督の採点・寸評。ロペス、エウベル、西村らは低評価。途中出場の選手も期待に応えられず
▼横浜のチーム採点「4.5」
“連覇”の二文字が遠のく敗戦だ。

 序盤は神戸に負けない強度の高いプレーを見せたが、23分にPKから失点すると、それ以降は押し込まれる時間が続き、43分に2失点目。この2失点に絡んだエドゥアルドは厳しく評価した。

 連係面や個々の技術的なミスが少なくなかった点は敗戦の要因のひとつだが、何より“勝利への気持ち”の差が得点に表われたように感じる。後半は相手ゴールに迫る時間帯もあったなか、守り切った神戸の選手たちが、試合終了の笛が鳴った瞬間、ピッチに倒れていたことが、それを物語る。

 これで首位神戸との勝点差が「4」に開いてしまった。逆転優勝を狙うためにも、残り5試合で連覇への執念を見せてほしい。

取材・文●金子徹(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

「本当に苦しい時間だった」神戸MF扇原貴宏が吐露。大好きな古巣も支えに「マリノスのみんなの活躍がずっと僕を…」

J1首位攻防戦、神戸と横浜の明暗を分けたのは? 武藤嘉紀の言葉が印象的「どんな状態になろうと、たとえ筋肉が切れても――」

【PHOTO】日産スタジアムに駆けつけ、最後まで声援を送り続けた横浜F・マリノスサポーターを特集!
【関連記事】
旗手怜央、セルティックと新たに5年契約を締結! 指揮官も喜び「最高の選手になるために、多くのことを成し遂げたいと望んでいる」
「本当に苦しい時間だった」神戸MF扇原貴宏が吐露。大好きな古巣も支えに「マリノスのみんなの活躍がずっと僕を…」
J1首位攻防戦、神戸と横浜の明暗を分けたのは? 武藤嘉紀の言葉が印象的「どんな状態になろうと、たとえ筋肉が切れても――」
「オール国内組には反対」10月の連戦に臨む森保ジャパンのメンバー構成に熟練記者が持論【近未来予測】
日本がゴールを決めるたびにアナウンサーは大興奮。W杯でドイツに1-7の歴史的大敗を喫したブラジルは、ドイツ戦の完勝をどう報じたか【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ