• トップ
  • ニュース一覧
  • J1首位攻防戦、神戸と横浜の明暗を分けたのは? 武藤嘉紀の言葉が印象的「どんな状態になろうと、たとえ筋肉が切れても――」

J1首位攻防戦、神戸と横浜の明暗を分けたのは? 武藤嘉紀の言葉が印象的「どんな状態になろうと、たとえ筋肉が切れても――」

カテゴリ:Jリーグ

有園僚真(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年09月30日

タイムアップの瞬間、選手たちがバタバタと

明らかに疲労困憊ながら最後の1秒まで走り続けた武藤。胸を打つものがあった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第29節]横浜0-2神戸/9月29日/日産スタジアム

 2-0。首位攻防戦は、正直、予想していなかったアウェーチ―ムの快勝で終わった。

 試合を見た限り、両者の間にそこまでレベルの差はなかった。シュート数もほぼ五分だ。明暗を分けたのは、いったい何なのか。差があったとすれば気持ちの部分だと思う。
【PHOTO】神戸の出場15選手&監督の採点・寸評。前川が放つオーラ。相手サポの大ブーイングもなんのその。武藤は全力プレーを体現
 首位とはいえ、J1初制覇をがむしゃらに狙うチャレンジャーであるヴィッセル神戸は、球際での激しさに加え、相手1人に対し、マッチアップする選手だけでなく、すぐさま2人3人と駆け寄り、チーム全員で、とにかくテンション高く戦う姿が非常に印象的だった。

 対して、連覇を目ざす王者の横浜F・マリノスからは、ビハインドを負ってもどこか「上手くやろう」としている意識が伝わってきた。相手がポストプレーに絶対の自信を持つ大迫勇也を中心としたシンプルな攻撃だったからこそ、それはより一層際立ったのかもしれない。
【PHOTO】大一番でのヘディング弾は貴重な追加点!最後までチームのために走り抜いた武藤嘉紀を特集!
 実際、先制点に繋がるPKを獲得し、自ら追加点も挙げた神戸のもう1人のエース、武藤嘉紀は試合後にこんな言葉を残している。

「本当、僕たちの120%を出さないと勝てない試合だと分かっていました。どんな状態になろうと、たとえ筋肉が切れてしまっても、とにかく最後までチームのために走り続けるという気持ちを持って今日は試合に臨みました」

 最後の1秒まで――。文字通り、死力を尽くしてハードワークを貫いた神戸。タイムアップの瞬間、選手たちがバタバタと倒れ込む姿が、全てを物語っていた。

取材・文●有園僚真(サッカーダイジェストWeb編集部)

【厳選ショット】大迫、武藤のWエースが大一番でゴール!激戦を制して首位をがっちりキープ!|J1第29節 横浜0-2神戸

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
【関連記事】
【採点寸評|神戸】首位攻防戦で快勝!半端ないエースも特筆すべきだが…とにかく魂を感じたタフネスをMOMに選出[J1第29節 横浜 0-2 神戸]
「本当に苦しい時間だった」神戸MF扇原貴宏が吐露。大好きな古巣も支えに「マリノスのみんなの活躍がずっと僕を…」
「残ってくれ」なぜ久保建英はマドリー英雄ラウールの“懇願”に応えなかったのか。「信頼してくれて嬉しかった。でも...」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「森保さんが注意しないと」闘莉王が日本代表ベテランの“行為”に苦言 「すごく気になっている」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ