• トップ
  • ニュース一覧
  • 「多才さをさらに進化させている」CLデビューの冨安健洋を現地絶賛!「優れた能力を発揮できると証明した」

「多才さをさらに進化させている」CLデビューの冨安健洋を現地絶賛!「優れた能力を発揮できると証明した」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年09月23日

「ティアニーを手放すのはリスクだった」

58分からの出場で初戦快勝に貢献した冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 アーセナルの冨安健洋は、9月20日に開催されたPSV戦でチャンピオンズリーグ(CL)デビューを果たした。

 3点をリードして迎えた58分にオレクサンドル・ジンチェンコに代わって左サイドバックに入り、4-0の白星発進に貢献している。

 その日本代表DFの働きは現地でも高く評価されている。専門サイト『ARSENAL INSIDER』は「トミヤスはPSV戦でベンチからアーセナルに好印象を与えた」と伝えた。

 そして、左SBのキーラン・ティアニーをレアル・ソシエダにレンタルした件に触れ、「ジンチェンコのまだら模様のフィットネス記録を考えると、ティアニーを手放すのはリスクだった。しかし、トミヤスはPSV戦で、ウクライナ人とは対照的な左SBの役割を担うことで優れた能力を発揮できるとを証明した」と主張。こう続けている。

【動画】冨安がCLデビューを飾ったアーセナル対PSVのハイライト
「多才な24歳のDFは58分にジンチェンコに代わって出場した。30分強で、トミヤスは定期的に中盤に上がり込み、快適にボールを扱い、プログレッシブパスを出した。WhoScoredの統計によると、キーパス1本を含むパスの88.9%を成功させた」

 記事は「もしトミヤスがシーズンを通してジンチェンコの信頼できるバックアップであると証明でき、チーム内で同様の戦術的役割を果たすことができれば、アルテタにとってティアニーを手放すことに何の危険もなかったことが明らかになるだろう」と続けている。

「2021年にボローニャから1980万ポンドで加入して以来、トミヤスはその多才さと仕事量でアーセナルに感銘を与えてきた。彼は今、自分のプレーをさらに進化させているようだ」

 最終ラインならどこでも機能するマルチDFの存在は、アーセナルにとって心強い。

 構成●サッカーダイジェストWeb編集部 

「十分に役割を果たした」途中出場でCLデビューを飾った冨安健洋、地元メディアは上々の評価!「ジンチェンコよりもはるかに…」

「新エースの真骨頂だ」タケ包囲網の中、久保建英の“時間を止めた”怒りのクロスをソシエダ番記者が称賛。交代策には嘆き「途中出場した選手の出来の悪さが響いた」

岩渕真奈と冨安健洋は気が合わない!? 対照的な2人。「サッカーの話なんてし始めたら...」
【関連記事】
7季ぶりに欧州最高峰の舞台に立ったアーセナル。選手たちは奮い立ち、エミレーツはまるでCL決勝のような雰囲気だった【現地発】
「遠藤よりもひどい」ボールロスト25回のリバプールDFを現地メディアが痛烈批判!「役立たず、かなり悲惨」
「自信を失う時期もあった」冨安健洋、“サッカー人生で最もタフな一年”を回想「今季はアーセナルでやるって決まったんで。サウジは...」【現地発】
「三笘薫らへの侮辱となる」162億円で加入も“大失敗”のチェルシーFW、恩師率いるブライトンへのレンタル案に元英代表が見解!「レベルを下げる必要がある」
「新エースの真骨頂だ」タケ包囲網の中、久保建英の“時間を止めた”怒りのクロスをソシエダ番記者が称賛。交代策には嘆き「途中出場した選手の出来の悪さが響いた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ