• トップ
  • ニュース一覧
  • 「新エースの真骨頂だ」タケ包囲網の中、久保建英の“時間を止めた”怒りのクロスをソシエダ番記者が称賛。交代策には嘆き「途中出場した選手の出来の悪さが響いた」

「新エースの真骨頂だ」タケ包囲網の中、久保建英の“時間を止めた”怒りのクロスをソシエダ番記者が称賛。交代策には嘆き「途中出場した選手の出来の悪さが響いた」

カテゴリ:海外日本人

ミケル・レカルデ

2023年09月23日

いつものように交代出場のショはノーインパクト

インテル戦で厳しいマークを受けた久保。(C)Getty Images

画像を見る

 インテルはレアル・ソシエダにとって特別なライバルだ。1979-80シーズン、UEFAカップ(ヨーロッパリーグの前身)の1回戦で両者は顔を合わせた。アウェーでの第1レグでラ・レアルは0-3の完敗を喫した。

 第2レグは、伝説のスタジアム、アトーチャで行われた。ラ・レアルは必死の攻撃も実らず、2点止まり。トータルスコア2-3で敗退が決定した。ホキン・アペリバイ会長は、その日のことを「クラブ史上初の欧州カップ戦でのメモリアルな試合だった」と振り返る。

 歳月が経ったこともホームスタジアムが変わったことも関係ない。44年越しのリベンジを果たすべく、その因縁の相手をホームに迎えたラ・レアルは、積年の思いが乗り移ったかのように立ち上がりから猛攻を繰り広げた。しかしその間、1点しか奪うことができなかった詰めの甘さと途中交代で出場した選手の出来の悪さが響いて、終盤に同点を許し、試合は1-1の痛み分けに終わった。
 

 改めて議論されるべきは、今夏の補強戦略の是非だ。いつものようにイマノル・アルグアシル監督は後半途中でタケ・クボ(久保建英)をベンチに下げ、いつものように交代出場のモハメド=アリ・ショはノーインパクトに終わった。

 チャンピオンズリーグのようなコンペティションは、控えを含めたチームの総合力が問われる。クラブ史上最高のスカッドが揃った――。夏の移籍市場がクローズし、こう吹聴する連中は少なくないが、今のラ・レアルにはそれがない。これはアルグアシル監督に必要なツールを提供することができなかったスポーツ部門の失態である。

 先日のレアル・マドリー同様、インテルのシモーネ・インザーギ監督も「タケ包囲網」を敷いた。カルロス・アウグストをマーク役に任命するだけでは飽き足らず、同サイドのアレッサンドロ・バストーニとヘンリク・ムヒタリアンも頻繁にサポートに回った。ここまで警戒されたら、さすがに厳しい。25分までタケはほとんど目立つことはなかった。
 

【関連記事】
「彼の交代でインテルは絶え間ない不安から解放された」物議を醸す久保建英の72分出場にスペイン大手紙が見解!「右足と左足で素晴らしいボールを供給し...」
「なぜ最後まで出さんの?」「勝てたのに采配ミス」また久保交代後に失点でドロー。繰り返される悪夢に不満の声続出「交代選手の質が低すぎる」
「高いクオリティを持っている」かつて“冷遇”した古巣ヘタフェの指揮官が久保建英に言及!「我々は知っている」
「今の彼は私より優れている」手が付けられない久保建英をソシエダのスーパーレジェンドが大絶賛!「1対1で素晴らしいし、左足のシュートも上手い」
「彼のレベルを毎日見られるのは幸運」絶好調の久保建英をソシエダ10番が激賞!人間性にも賛辞「彼の性格はチーム全体にいい影響を与える」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ