• トップ
  • ニュース一覧
  • 大黒柱の平川怜が負傷離脱。J2で20位と残留争い真っ只中の熊本にとって、このキャプテンの不在は痛手に

大黒柱の平川怜が負傷離脱。J2で20位と残留争い真っ只中の熊本にとって、このキャプテンの不在は痛手に

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2023年09月13日

左ヒラメ筋肉離れで全治約3週間

負傷離脱した平川。写真:瀧川敏之

画像を見る

 2023年9月13日、熊本が平川怜の負傷を発表。9月10日のJ2リーグ34節の藤枝戦で左足を痛め、「左ヒラメ筋肉離れ」と診断された。加療期間は受傷日(9月10日)より約3週間の見込みだ。

 今季からキャプテンに就任した平川はここまでリーグ戦の全試合に出場し、6ゴールをマーク。天皇杯でも古巣のFC東京戦、準々決勝の神戸戦で貴重な得点を挙げるなど、チームの大黒柱として存在感を示していた。
 
 それだけに、平川の負傷離脱は今季J2リーグの34試合を終えて20位と残留争い真っ只中の熊本にとって文字通り痛手である。

 10月8日の天皇杯準決勝(対戦相手は柏)には間に合うだろうが、ここからJ2の数試合を欠場するのは間違いない。チームは試練を迎えたと言ってもいいかもしれない。

 いずれにしても、平川の早期復帰を願いたい。

構成●サッカーダイジェストTV編集部

「日本には優れたシステムと戦術がある」トルコの10番チャルハノールが森保Jを激賞!“特に危険だった選手”に挙げたのは?「ごめん、名前は覚えてなくて...」

「ストレスのたまる試合でした」HTに執拗な抗議をした久保建英、判定基準に苦言「いつもやっているのとは違う」

【日本4-2トルコ|採点&寸評】“控え組”が躍動も、快勝とは言えず。7点台は2人のみ。MOMは迷ったが...
【関連記事】
今の日本はちょっとしたブラジル感がある。個やグループでねじ伏せる。決定力はむしろ世界でトップレベルだ
ドイツを窒息させたCBコンビの優秀さがより鮮明に。なぜトルコ戦の後半、森保ジャパンは停滞したのか【コラム】
「強すぎるだろ」日本に完敗→監督解任のドイツがフランスを2-1撃破!「見えてきたよ、希望の光ってやつが」「かつてないほどの幸せ」などファン大喜び!
「ストレスのたまる試合でした」HTに執拗な抗議をした久保建英、判定基準に苦言「いつもやっているのとは違う」
「日本には優れたシステムと戦術がある」トルコの10番チャルハノールが森保Jを激賞!“特に危険だった選手”に挙げたのは?「ごめん、名前は覚えてなくて...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ