好守にチグハグなチームを救った主砲オーバメヤンの2発――ドルトムント 2-0 インゴルシュタット

カテゴリ:海外日本人

遠藤孝輔

2016年01月31日

ライバルが結果を残したことでスタメンは安泰ではない香川…。

(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 2位ドルトムントが本拠地に10位インゴルシュタットを迎えたブンデスリーガ第19節は、ホームチームが苦しみながらも3ポイントを獲得。CFオーバメヤンがエースの面目躍如となる2ゴールを叩き出し、健闘していた昇格クラブに引導を渡した。
 
 リーグ最多得点を誇るドルトムントが手を焼いたのは、リーグで2番目に失点が少ないインゴルシュタットの攻略だ。痛かったのは感染症の影響で欠場したギュンドアンの不在で、攻撃のスイッチがなかなか入らない。
 
 むしろ良い入り方をしたのはインゴルシュタット。15分には、今冬に加入したFWレスカノが地を這うミドルを放つ。
 
 これはビュルキのセーブに阻まれるも、29分には再びチャンスを創出。ロングフィードの目測を誤ったフンメルスの裏を取ったレスカノがGKをかわし、ゴールまであと一歩のところまで迫った。
 
 ボールを保持しながらシュートチャンスを作れないドルトムントに35分、ようやく好機が訪れる。しかし、左SBドゥルムのクロスに合わせたオーバメヤンのシュートは、相手GKエスジャンのセーブに阻まれた。
 
 リトリートを基本としながら、3トップが積極的にフォアチェックを敢行し、ドルトムントに時間と自由を与えないインゴルシュタットは、後半も上々の滑り出し。49分までに2本のシュートを放ち、格上にプレッシャーをかけていく。
 
 先に動いたのは当然ながら、流れを引き寄せられないドルトムント。55分、前半終了間際の好クロス以外に見せ場がなかった香川と、不用意なボールロストが目立ったヴァイグルを下げ、ライトナーとカストロをピッチに送り出す。
 
 中盤の2枚替えにより、ボール回しを円滑にさせたいトゥヘル監督の狙いは明白だったものの、65分には相手のプレスに焦ったフンメルスがオウンゴールしかけるなど(レスカノのファウルに救われた)、攻守にチグハグなチーム状況は改善に至らない。
 
 この嫌なムードを断ち切ったのが、主砲のオーバメヤンだ。
 
 77分、ピシュチェクが放ったこの日8本目(!)のクロスに頭で合わせ、ついにインゴルシュタットのゴールをこじ開けると、86分には途中出場のライトナー→カストロによるお膳立てをきっちりモノにして、リードを2点に広げてみせたのだ。
 
 これでオーバメヤンのゴール数は、大台の「20」に到達。チームを勝利に導いたこの大エースが、今後もドルトムントを力強く牽引していきそうだ。
 
 一方、早いタイミングでの交代を命じられた香川は、定位置を争っているカストロが結果を残した(1アシスト)こともあり、次節のスタメンが安泰ではない状況だ。
 
文:遠藤孝輔

ほとんど見せ場のないまま、55分でピッチを後にした香川。次節以降、スタメンの座を守ることができるか!? (C) Getty Images

画像を見る

殊勲のオーバメヤンは、16節フランクフルト戦以来となるゴールを挙げた。1試合2得点は14節のシュツットガルト戦以来。 (C) Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ