• トップ
  • ニュース一覧
  • 「VARが発見するよう大げさに倒れた」3決で敗れた豪州、母国メディアはスウェーデンのPKに苦言!「接触は最小限だったのに...」【女子W杯】

「VARが発見するよう大げさに倒れた」3決で敗れた豪州、母国メディアはスウェーデンのPKに苦言!「接触は最小限だったのに...」【女子W杯】

カテゴリ:女子サッカー

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年08月19日

「物議を醸す形で先制した」

豪州サイドには、痛恨のPK献上となった。(C)Getty Images

画像を見る

 8月19日に開催された女子ワールドカップの3位決定戦で、開催国のオーストラリアはスウェーデンと対戦。0-2で敗れ、銅メダルを逃した。

 豪州にとって痛恨だったのが、先制点となったPKだろう。29分、ボックス内でDFクレア・ハントがスウェーデンのスティナ・ブラックステニウスに後方からわずかに接触してしまい、オンフィールドレビューの末にペナルティとなった。

 オーストラリアのメディア『Herald Sun』はこのシーンについて、「スウェーデンは30分にペナルティスポットから物議を醸す形で先制した」と伝えている。

【PHOTO】長谷川唯のダブルピース、猶本光の決めカット、熊谷紗希のキラキラネイル...なでしこジャパンFIFA公式ポートレートギャラリー
「接触は最小限だった。オーストラリアには大した問題ではなかったが、スウェーデンのアタッカーは、VARブースがファウルを発見して確認するようにするため、大げさに倒れた」

 接触は認めながらも、倒れ方がオーバーだったと苦言を呈している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】豪州メディアが苦言!物議を醸したPKシーン

「めっちゃ上手い。まじで長谷部よりうまい」内田篤人が驚愕したなでしこ戦士は?「ビックリした。本当にすげぇ」

「日本のスタイルに恋をしていた」なでしこJを絶賛したブラジル人記者が悔やんだスウェーデン戦の“過ち”。何が足りなかったのか【現地発】
【関連記事】
「めっちゃ上手い。まじで長谷部よりうまい」内田篤人が驚愕したなでしこ戦士は?「ビックリした。本当にすげぇ」
「日本のスタイルに恋をしていた」なでしこJを絶賛したブラジル人記者が悔やんだスウェーデン戦の“過ち”。何が足りなかったのか【現地発】
「日本のプレーを見てほしい」惨敗の中国女子、28歳エースが訴えた“なでしこJとの差”「なぜ彼女たちは次々と...」
「悲惨なミスで悪夢を見た」準決勝で散った開催国オーストラリア、痛恨プレーで決勝点献上に母国メディアは愕然!「豪州人は言葉を失った」【女子W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ