• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本は成長、韓国は井の中の蛙」男女代表の“日韓の差”に韓メディアが悲観!「明らかに押されている」

「日本は成長、韓国は井の中の蛙」男女代表の“日韓の差”に韓メディアが悲観!「明らかに押されている」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年08月08日

「準備したプロジェクトは明らかに失敗に終わった」

女子ワールドカップで日本(上)と韓国(下)は明暗が分かれた。(C)Getty Images

画像を見る

 明暗がはっきりと分かれた。

 熱戦が繰り広げられている女子ワールドカップで、韓国代表はグループステージ初戦でコロンビアに0-2で敗れると、格下のモロッコにも0-1で敗北。最後は強豪ドイツに1-1のドローと意地を見せたものの、1勝もできずにグループHの最下位で大会を去った。

 かたや、なでしこジャパンはグループステージを3連勝で首位通過。ラウンド16でも難敵ノルウェーを3-1と撃破し、世界から注目を集めている。

 そんななか、韓国のメディア『OhmyNews』は「日本はさらに成長しているが、『井の中の蛙』である韓国は心配だ」と見出しを打った記事を掲載。今大会で韓国唯一のゴールを決めたMFチョ・ソヒョンの「韓国はまだ井の中の蛙だと思う」という帰国後の発言を引き合いに出して、次のように主張した。

「韓国女子代表は2019年のW杯で3戦全敗1得点8失点という惨めな成績で無気力に大会を終えた。4年が経ち、今回のW杯ではコリン・ベル監督体制で着実に準備を続けてきて、『黄金世代』の選手たちが全盛期を迎え、内心ベスト8以上の成績を期待した。だが、2大連続グループステージ敗退という結果を避けられなかった。無得点・全敗という最悪の結果を免れただけで、準備したプロジェクトは明らかに失敗に終わった」

【PHOTO】華やかにピッチで躍動!豪州&NZ女子W杯、美女プレーヤーを特集!
 同メディアは「ベル監督の発言を聞くと、失敗の原因を主に選手たちの経験不足や精神的問題、あるいは韓国サッカーの構造的限界に責任を転嫁している。しかし、成績において最初に最大の責任を負うのは当然監督だ」と指揮官を批判。「大会を通じて、ベル監督の戦術的はいい点数を与えられない」とこき下ろした。

 そして、「韓国選手団が酷いドイツの足首をつかんだことで満足して自画自賛しているに間、ライバルの日本はさらに成長している」と皮肉っている。。

「日本は今大会、ザンビア(5-0)、コスタリカ(2-0)、スペイン(4-0)を連破して無失点の3連勝でC組の1位となった。ベスト16では優勝候補の一つに挙げられていたノルウェーでさえ3-1で完勝して8強進出に成功した。4試合でなんと14ゴールを挙げ、このうち5ゴールを決めた宮澤ひなたは得点ランキングとトップに立った)
 
【関連記事】
「日本女子代表はまた一段階上にいった」「どう学べばいいんだ」惨敗の中国、なでしこJとの“広がる差”に母国記者が悲嘆!「協会は何を学習してきたのか」
「日本のプレーを見てほしい」惨敗の中国女子、28歳エースが訴えた“なでしこJとの差”「なぜ彼女たちは次々と...」
「最悪の結果でも無関心」惨敗で敗退の韓国女子、批判すら浴びない“苦い現実”に母国メディアが皮肉「大失敗した日にマンCやPSGの試合があって幸いだった」
「腹立たしい」「耐えられない」日本に敗れたノルウェーのエースが辛辣な批判に反論!「あまりにもナンセンスよ」
「日本が世界を驚かせた。我々もやり方は間違っていない」中国人選手の発言が母国で炎上!「冗談だろ?」「黙っとけ。何もわかっちゃいない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ