• トップ
  • ニュース一覧
  • 桐光学園の右サイドで躍動!! 観る者を虜にした松田悠世は選手権でのリベンジを期す「今日はきつさより、楽しめた」【総体】

桐光学園の右サイドで躍動!! 観る者を虜にした松田悠世は選手権でのリベンジを期す「今日はきつさより、楽しめた」【総体】

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2023年08月05日

「あそこで一個フェイントを入れていたら…」

決勝でも貴重な同点弾を決めるなど存在を誇示した松田(手前)。桐光学園の快進撃を力強く牽引した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[インターハイ決勝] 桐光学園2(6PK7)2明秀日立/8月4日/花咲スポーツ公園陸上競技場

 一度ボールを持ったら簡単には止まらない。

 相手が捕まえづらい中間ポジションでボールを引き出すと、緩急をつけたドリブルで一気に対面するDFを置き去りにしていく。相手にコースを消されても、168センチの小柄な身長を上手く利用して懐に入って行ける。惜しくも準優勝に終わった桐光学園(神奈川)のなかで誰よりも眩い輝きを放ったのが、10番を背負ったMF松田悠世(3年)だ。
【PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新18代目の凛美まで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!

 今大会ともに攻撃を牽引してきた左サイドのMF齋藤俊輔(3年)が準決勝で負傷し、ベンチスタート。「(齋藤は)厳しくなったら『俺が出てくるから、それまで耐えてくれ』と言ってくれていた。自分も『お前が出る前にしっかり勝負を決めて良い形で出られるようにしたい』とは言っていた」と松田は振り返るが、前半は明秀日立に2点を先行される苦しい試合展開となった。

 個人としても前半のパフォーマンスには納得していない。その理由について、「自分のところになかなか上手くボールが入らなかった。自分の持ち味は高い位置でボールを受けてから。そこを前半は上手く引き出せなかった」と振り返る。

 だが、前半32分にFW宮下拓弥(3年)が1点を返してチームが息を吹き返すと、後半は松田ショーといっても過言ではないプレーを披露。右サイドでボールを持つたび、アグレッシブにカットインを繰り返し、訪れた観客を沸かせる。

 そうしたなか、最大の見せ場が訪れたのは後半16分。左サイド齋藤からのパスを、松田が相手3人の間で引き出すと上手くファーストタッチでゴール前に侵入。「普通に蹴っても入ると思ったのですが、目の覚める一発で決めようと思った。みんなにも気持ちの入ったプレーを自分が見せて、それが浸透できるようプレーがしたかった」。そう回顧した通り、ゴール右隅へと豪快に決めた。

 試合を振り出しに戻してからは、逆転を目ざして動きの質を落とさない。2回戦からの登場とはいえ、6日間で5試合目。いったんピッチからボールが出て、プレーが途切れると苦しそうにしていたが、いざプレーが再開すると前線からの守備を忘れない。ボールが入ると先ほどまでの苦しそうな表情は見せず、切れのある突破を繰り返していく。

「体力面でちょっときついところもあったのですが、現地で応援してくれているメンバー外の人たちもいたし、保護者の方など凄く応援してくる人がいた。そのなかで、走れない理由はない。その人たちの想いを背負ったら、いくらでも頑張れるし、走れると感じていた。今日の試合はきつさより、楽しめた」
 
「監督が『決勝で負けたら1回戦敗退』とよく言っている。自分もその通りだと思っている」と話し、あと一歩のところで頂点に届かなかった悔しさはある。松田自身が悔やむのは、後半8分のプレーだ。右サイドからのカットインでシュートまで持ち込んだが、身体を寄せてきたDFに阻まれ、CKとなった。

「あそこで一個フェイントを入れていたらまた変わっていた。そういうところも悔いになってしまう。でも、この経験ができたからこそ、あそこでフェイントを入れていればという考えも生まれてきたので、良い経験になった」

 タイトルには届かなかったが、松田が今大会を彩ったひとりであったのは間違いない。この夏つかんだ収穫を成長へとつなげ、冬の選手権では主役として桐光学園を頂点に導く。

取材・文●森田将義

【総体】優秀選手31名が発表! 初制覇の明秀日立&準優勝の桐光学園から、それぞれ最多タイ7人が選出!

頭脳的で破壊的なドリブルはまさに脅威! 桐光学園のアタッカー齋藤俊輔は、準決勝で負傷交代も晴れやかな表情【総体】

【画像】帝京、国見、鹿実、市船… 強豪校別 歴代ベストイレブン!
【関連記事】
紙一重のファイナル!堅守速攻の明秀日立とサイド攻撃で主導権を握った桐光学園、まさにハイレベルな激闘【総体】
【総体】優秀選手31名が発表! 初制覇の明秀日立&準優勝の桐光学園から、それぞれ最多タイ7人が選出!
頭脳的で破壊的なドリブルはまさに脅威! 桐光学園のアタッカー齋藤俊輔は、準決勝で負傷交代も晴れやかな表情【総体】
なぜ名門・国見は全国4強へと躍進できたのか。“凄くねちっこい”堅守で大会5試合を無失点で切り抜けた【総体】
神村学園を撃破する2発でキラリと光った“東邦のネイマール”。強さも速さも兼備する2年生FWの進化が止まらない!【総体】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ